BOOK LINER 使い方講座 > BOOK LINERで作品を編集… > [8]入稿用データを書き出す

[8]入稿用データを書き出す

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 2161回 総合評価 : 0件

印刷して問題が無かったら、いよいよ出来上がったデータを入稿用のデータに書き出します。ページはepsファイル、コメントはテキストファイルで書き出されます。

(1)画面上部にある、[書き出し/同人誌印刷所入稿用データ]アイコンをクリックします。



(2)[同人誌印刷所入稿用データの書き出し]ダイアログが出るので、各種設定をします。



①出力サイズ(作成される本のサイズ)
製本後の本のサイズを指定します。通常、[新規作品]で設定した本のサイズを指定します。違うサイズで書き出した場合、画像サイズが拡大・縮小されるため、画質が変わる場合があります。ここでは、[新規作品]でB5に設定していたので、[B5縦]を選択します。

②コメント欄
印刷所へのコメントが記載できます。

③ComicStudioレイヤー出力設定
ComicStudioでデータを作成した場合のレイヤーの書き出しを設定します。特に意図がなければ、そのままの設定で問題ありません。

④見積もり情報を添付する
事前に同人総合ポータルサイト『Circle.ms(サークル・ドット・エムエス)』のサービス『印刷Navi』で取得しておいた場合は、その見積もり情報を添付することができます。

項目名をクリックすると、[アカウント情報]ダイアログが表示されます。『Circle.ms』に登録したメールアドレスとパスワードを入力し、[OK]をクリックします。



ネットワーク経由で『印刷Navi』の見積り情報が取得され、[見積り情報の選択]ダイアログに見積り情報の一覧が表示されます。[見積り情報の選択]ダイアログから添付したい見積り情報を選択し、[OK]をクリックします。



選択した見積り情報は、テキストファイルに書き出されます。



⑤印刷見本をCLIPにアップロードする
『CLIP』の『保管・共有する』に、印刷見本をアップロードします。印刷所からネットワーク経由で印刷見本を確認できます。

製本見本用のデータは、[ファイル]メニュー→ [印刷見本プレビュー]でプレビューしたデータと同様に、ビューアで表示されます。アップロードしたデータのURLは、テキストファイルに書き出されます。



⑥書き出した入稿用データをZip圧縮する
同人誌印刷所入稿用データをZip形式で圧縮します。原稿データ+製本情報のテキストがあればOKの印刷所の場合は、このまま入稿できます。

⑦出力先
データの保存場所を決めます。


(3)設定が終了したら、[OK]ボタンをクリックします。



(4)フォルダにまとめられた入稿用データと、圧縮されたZipデータが書き出されます。※Zipは[オプション]で[入稿用データをZip圧縮する]を選んでいた場合のみ作成されます。



書き出されたフォルダ内のデータに不備が無いか、確認しましょう。

・必要なページがすべてあるか?順番は間違っていないか?
・テキスト内の製本情報に間違いはないか?

上記に問題なければ、印刷所に入稿するデータの完成です。

以上で、BOOKLINERでのデータ編集の解説は終わりです。無事に入稿用のデータを作成できたでしょうか? これまで面倒だったノンブルトンボ付け、入稿時に起こりがちだったトラブルなどをBOOK Linerで解消してしまいましょう!

※今回解説した内容は、あくまでも一例です。細かいルールなどは印刷所によって千差万別なので、入稿先のルールをよく確認しながら入稿データの準備をしてください。

コメント
コメントはありません