カメラコントロール

提供者 : セルシス    更新日 : 2016/07/28   
閲覧数 : 4478回 総合評価 : 5件

カメラの操作方法とキーフレーム追加方法に関してを解説します。


カメラの操作
カメラ キーフレームの追加


カメラの操作

カメラの操作方法を解説します。


カメラ 上下左右の移動

マウスのホイールボタンを押しながら上下左右に移動するか、Ctrlキーとマウスの左ボタンを同時に押しながらマウスを移動します。



カメラ 前後の移動

マウスの右ボタン押しながら上下に移動するか、Shiftキーとマウスの左ボタンを同時に押しながらマウスを移動します。



カメラ 回転

マウスの左ボタンを押しながら、上下左右に移動します。



  

カメラ キーフレームの追加

カメラのキーフレーム追加方法を解説します。
今回は、例としてモデル[Girl_A]の周りを、60フレームで1周するカメラの動きを作成していきます。


(1)タイムラインの[カメラワーク]トラックを選択状態にて、[詳細ビュー]内を確認します。


(2)[詳細ビュー]内の項目は下記のようになっています。
今回は、下図、[A]の[カメラ位置]の数値を変更してキーフレームを作成していきます。


(2)[タイムラインビュー]の[現在のフレーム]が、0フレームにあることを確認した上で[カレントフレームにキーフレームを追加]ボタンを押します。


(3)タイムライン内、[カメラワーク]トラックの0フレームにキーフレームが追加されました。


(4)[タイムラインビュー]内の[現在のフレーム]を、5フレーム目まで移動させます。


(5)[詳細ビュー]内、[カメラ位置]の値を変更してキーフレームを追加していきます。
5フレーム目のキーフレームの追加が完了したら、5フレーム毎に下図のように[カメラ位置]の値を変更してキーフレームを追加していきます。


(6)60フレームまでの全てのキーフレームが追加されたら、[再生・停止]ボタンをクリックします。


(7)モデル[Girl_A]の周りを、60フレームで1周するカメラの動きが完成しました。


(8)カメラの回転を早くしたり、遅くしたい場合は、[詳細ビュー]内[クリップ情報]の[伸縮率]の値を変更します。 クリップのキーフレームのから、クリップ全体の編集に戻るため、一度[Girl_A]トラックをクリックします。 再度、[カメラワークトラック]を選択した後、[詳細ビュー]内[クリップ情報]の[伸縮率]の値を変更します。 [伸縮率]の値を変更するとキーフレームが打たれたクリップ全体の伸縮を変更する事ができます。(※[フレーム数]は クリップのフレーム数を制御するのみで、キーフレームは伸縮されません。)


  
コメント
翠河 2014/03/31 19:36
勉強になります
博龍 2013/08/24 05:43
参考にさせていただきます