CLIP STUDIO ACTION レガ… > TIPS for CLIP STUDIO AC… > キャラクターの表情の変更

キャラクターの表情の変更

提供者 : セルシス    更新日 : 2016/07/28   
閲覧数 : 7162回 総合評価 : 4件

キャラクターの表情の変更


キャラクターの表情の変更方法を解説します。




(1)ACTIONの標準モデル[女子学生A_ACTION2]を使用して解説していきます。

(2)[素材ビュー]内の[素材]→[3D]→[キャラクター]→[女子学生A_ACTION2]を選択して、[ステージビュー]にドラッグします。




(3)[女子学生A]が[ステージビュー]に追加されました。

(4)[女子学生A_ACTION2]のトラックが選択状態であれば、[詳細]ビュー内にモデルに関するさまざまな設定項目が表示されます。
[詳細ビュー]内の[表情編集]の項目を開いておきます。





(5)キャラクターの表情のサムネイルをクリックしてリストから表情を選択すると、[ステージビュー]上のキャラクターの表情が変更されます。ここではリストから[キメ顔]を選択します。




(6)ベースの表情を選択後、さらに目の向きや口の開閉のバリエーションを選択できます。
ここでは[目線の変更・左を見る]、[口元の変更・オ]をそれぞれ選択します。




(7)[タイムラインビュー]内で、[現在のフレーム]が0フレームである事を確認した上で、[表情編集]横の[表情にキーフレームを追加]ボタン(A)をクリックします。

※このボタンは表情のみキーフレームが打たれるため、表情以外変更はタイムラインに反映されません。

[カレントフレームにキーフレームを追加]ボタン(B)をクリックした場合は表情を含む全身すべてのパーツにキーフレームが打たれます。
体のポーズを含めて変更を反映したい場合は、こちらをクリックします。

これで0フレームに表情[キメ顔]が登録されました。




(8)タイムラインで現在のフレームを10フレームに移動します。




(9)[表情編集]のリストから「笑う」を選択し、目の表情「目線の変更・目をとじる」、口の表情「口元の変更・とじる」をそれぞれ選択します。




(10)[タイムラインビュー]内で、[現在のフレーム]が10フレームである事を確認した上で[カレントフレームにキーフレームを追加]ボタン、もしくは[表情にキーフレームを追加]ボタンをクリックします。
これで10フレームに表情[笑う]が登録されました。




(11)[タイムラインビュー]内の[再生・停止]ボタンを押して、表情が切り替わっていることを確認します。
0~9フレームまでの表情は、「キメ顔」となり、10フレームからの表情は、「笑う」になっています。



POINT

※表情パターンを持たないモデルを読み込んだ場合は、表情編集の項目を選択できません。
また、表情の形式が古いモデルは「目の表情」「口の表情」を個別に選択することができません。






コメント
CPおじさん 2015/04/02 02:17
分かり易いし楽しそうですね
翠河 2014/03/31 19:35
勉強になります
博龍 2013/08/24 05:41
参考にさせていただきます