CLIP STUDIO ACTION レガ… > 台本編集モード活用講座 > [5]台本を入力してみよう…

[5]台本を入力してみよう3~その他の演出~

提供者 : セルシス    更新日 : 2016/07/28   
閲覧数 : 790回 総合評価 : 1件

台本モードではキャラクターの演技に関するコマンドのほかに、場面やカメラアングルの切り替えといった操作もできます。

1.段落を追加


台本モードのプロジェクトには、複数の背景を読み込んで、場面を切り替えることができます。

(1)「教室」の場面を入力していた台本に[素材]ビューから新しい背景素材を読み込みます。
今回は、「学校外観」をステージにドラッグ&ドロップします。

(2)[プロジェクト]ビューに「学校外観」が追加されます。

(3)[シーン]ビューの「追加」ボタンをクリックします。

段落の追加



(4)[シーン追加]ダイアログが表示されるので、以下の通り設定します。

シーン名=「学校外」
場面=「学校外観:昇降口」
出演者B=「女子学生A_ACTION2」
その他の出演者=「設定無し」

シーン追加ダイアログ



(5)[台本]メニュー→[段落を追加]を選択します。

段落を追加



(6)新しく、空の段落が追加されました。

空の段落



(7)シーンを切り替えます。
リストから、先ほど作成した「学校外」を選択します。

シーンリスト



(8)台本に何も入力されていないと、プレビューが一瞬で終わってしまうので、
仮に以下のコマンドを入力しておきます。

(2秒待つ)

2.カメラアングルの変更


背景素材に複数のカメラアングルが設定されていれば、台本モードでもカメラアングルを変更できます。

(1)[カメラ]ボタンをクリックし、リストから「(場面2A)」を選択します。

カメラボタン



(2)次の行にもう一度「(2秒待つ)」を入力しておきます。

(2秒待つ)



(3) 台本に入力したすべての段落を再生する場合は、[台本メニュー]→[最後まで再生]を実行します。

最後まで再生


プレビュー再生すると、「教室」の場面の次に「学校外」の場面に変わり、さらにカメラアングルが変更されるのが分かります。

別場面プレビュー



コメント
翠河 2014/03/31 19:39
勉強になります