2.クリッピングを利用した加筆

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 179702回 総合評価 : 54件

基本編で作成したイラストに、クリッピングの機能を利用して、髪の細部を加筆していきます。



[1]レイヤーの準備(クリッピングマスクの設定)
[2]描画ツールの準備
[3]影の加筆1
[4]影の加筆2
[5]ハイライトの加筆
[6]反射光の加筆

[1]レイヤーの準備(クリッピングマスクの設定)

新規作成したレイヤーに、[クリッピングマスク]を設定します。

1. [レイヤー]パレット→[新規ラスターレイヤー]をクリックします。作成したレイヤーのレイヤー名をダブルクリックし、レイヤー名を「髪加筆」に変更します。



2. 作成した「髪加筆」レイヤーが「髪」レイヤーの一つ上にくるように、[レイヤー]パレットで重ね順を変更します。



また、着色時に線画が見えやすいように、「ハイライト」レイヤーを非表示にします。



3. [レイヤー]パレットで「髪加筆」レイヤーを選択した状態で、[下のレイヤーでクリッピング]をクリックします。



「髪加筆」レイヤーが「髪」レイヤーにクリッピングされ、サムネイルの横に赤色の縦線が表示されます。

POINT

下のレイヤーでクリッピングとは

「クリッピング」状態のレイヤーは、1つ下にあるレイヤーの描画範囲を参照し、選択中のレイヤーの表示する領域を制限します。下のレイヤーに何も描かれていない領域(透明ピクセル)には、描画した内容が表示されなくなるので、他のレイヤーの描画範囲内に影を付けたり、加筆したりするときに有効です。
なお、クリッピングの参照先になっているレイヤー(下図の例では「髪」レイヤー)を非表示にすると、クリッピング状態のレイヤー(下図の例では「髪加筆」レイヤー)の描画内容も表示されなくなります。




[2]描画ツールの準備

髪の加筆には、主に[ペン]ツールのサブツール[Gペン]、[筆]ツールの[不透明水彩]、[エアブラシ]ツールの[柔らか]の3つのツールを使用します。[ブラシサイズ]は適宜変更しながら描画していきます。 なめらかなグラデーションを掛ける部分は、[エアブラシ]ツールの[柔らか]を使用します。大きな範囲をぼかすので、ブラシサイズを大きめに設定しておきます。



ハッキリとした塗り分けをする部分には、[ペン]ツールの[Gペン]を使用します。彩色に使用するので、ブラシサイズは少し大きめに設定します。



[筆]ツールの[不透明水彩]は、比較的ハッキリとした塗り分けになりますが、筆圧によって色の濃さが変わり、すでに塗ってある下地の色と混色するので、[ペン]ツールよりも少し柔らかい印象になります。混色による塗りムラができるので、意図的にブラシタッチも残せます。



[3]影の加筆1

表現したいタッチによってツールを使い分けながら、髪に加筆していきます。

1. [ツール]パレットで[エアブラシ]ツールを選択し、[サブツール]パレットから[柔らか]を選択します。



2. [カラーサークル]パレットで、髪の影色よりも少し紫に近い色を取得します。



POINT

[スポイト]ツールを使用して、髪の影色を取得してから[カラーサークル]パレットで色を変えるとわかりやすいです。


3. ブラシサイズを大きめにした[エアブラシ]ツールのサブツール[柔らか]で、髪の曲線を意識しながら全体的にグラデーションを付けていきます。



[クリッピング]されているので、髪の範囲外に描画した部分は表示されません。

4. 髪の束などを表現するために境界線をハッキリ出したい部分は、[ペン]ツールで加筆したり、[消しゴム]ツールで消したりして、メリハリをつけます。



5. メリハリをつけた境界線を滑らかにしたい部分は、[不透明水彩]で境界をなじませます。



POINT

透明色の使用

描画色を[透明色]に設定すると、使用中の描画ツールのタッチで描画内容を消したり、薄くしたりできます。[消しゴム]ツールと使い分けることで、イラストの修正をスムーズに行えます。




[4]影の加筆2

髪の影部分に、さらに紫色を塗り重ねて、色に深みを出していきます。クリッピングの範囲よりも、さらに限定した部分からはみ出さずに描画したい場合は、[自動選択]ツールなどで選択範囲を作成して、選択範囲の内部に描画していきます。

POINT

深みのある色にするには

手法のひとつとして、完全に同系色だけで明暗をつけるのではなく、色相を変えた近似色を加えることで、深みのある色使いになります。また、環境光や周囲の物体からの映り込み(反射光)を意識して、混色して画面全体の色を馴染ませる手法もあります。




1. [カラーサークル]パレットで、紫色を選択します。



2. [ツール]パレットで、[自動選択]ツール→[他レイヤーを参照選択]を選択します。



3. キャンバスの描画したい部分をクリックして選択します。
まとめて塗りたい部分は、[Shift]キーを押しながらキャンバスをクリックして、追加選択します。



POINT

選択範囲がうまく作成できない場合

[自動選択]ツールのサブツール[他レイヤーを参照選択]は現在描画中のレイヤーの内容も参照してしまいます。そのため、すでに描画してある部分を、うまく選択できない場合があります。この場合、一時的に不要なレイヤーを非表示にしてから、選択範囲を作成します。下図の例では、描画中の「髪加筆」レイヤーを非表示にしています。



[自動選択]ツールの[ツールプロパティ]パレットで、編集レイヤーを参照しない設定にすることもできます。




4. [筆]ツールのサブツール[不透明水彩]で、色の濃さ(混色の度合い)を筆圧で、調節しながら描画していきます。



描画が終わったら、[選択範囲]メニュー→[選択を解除]で選択範囲を解除します。

5. 同様の手順で少しずつ描画色を調整しながら、他の部分も着色していきます。



[5]ハイライトの加筆

影の面積が増えると少し暗い印象になるので、レイヤーを追加し、明るい部分を描き加えてバランスをとります。

1. [レイヤー]パレットで[新規ラスターレイヤー]をクリックし、レイヤーを作成します。
作成したレイヤーのレイヤー名をダブルクリックし、レイヤー名を「髪光」に変更します。

2. 「髪光」レイヤーを選択した状態で、[レイヤー]パレットの[下のレイヤーでクリッピング]をクリックします。



「髪光」レイヤーと「髪加筆」レイヤーが「髪」レイヤーにクリッピングされ、サムネイルの横に赤色の縦線が表示されます。この場合、「髪光」レイヤーは1つ下の「髪加筆」レイヤーではなく、「髪」レイヤーの描画範囲にクリッピングされます。

3. [カラーサークル]で、少し黄色がかった白を選択します。



4. [ペン]ツールのサブツール[Gペン]で、髪の流れに沿ってハイライトを入れます。



5. 影になっている部分にも照り返しの光を意識して、明るい紫でハイライトを入れます。



[6]反射光の加筆

髪に、翼からの反射光の青色を着色します。写実的に映り込みを描写するというよりも、全体で絵を見たときに、髪の色が浮かないようにする効果を狙って加筆します。

1. [ツール]パレットで[筆]ツールを選択し、[サブツール]パレットから[濃い水彩]を選択します。
[ツールプロパティ]パレットなどで、ブラシサイズを「170」程度に設定します。



2. [カラーサークル]パレットで水色を選択し、「髪光」レイヤーに描画します。



3. これまでと同様に、柔らかくぼかす部分は、[エアブラシ]ツールの[柔らか]を使用して着色します。



4. 髪の毛の加筆が終わりました。



≪  1.イラスト制作の流れ・応用編  |  2.クリッピングを利用した加筆  |  3.レイヤーの合成モードを利用…  ≫

このコンテンツを評価してください

コメント
natsumeluffy 2018/04/28 13:51
Its has helped me A lot
チィエリ 2017/02/09 19:39
実際に単調に塗ってから応用として読むと解りやすいです。
seahorse 2015/09/27 02:04
少し慣れてから見ると判りやすいです!
めい0511 2014/06/05 05:29
なるほど
翠河 2014/03/31 19:19
勉強になります