提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30    作家 : 秋津たいら
閲覧数 : 45926回 総合評価 : 19件
使用したバージョン:CLIP STUDIO PAINT PRO Ver.1.2.0

[1]キャラクターの下描き
[2]背景の下描きの下描き
[3]背景の下描き

[1]キャラクターの下描き

キャラクターの部分を下描きします。
下描きはデフォルトの[ペン]ツール→[Gペン]で行います。

基本的に下描きは[Gペン]を使っていますが、模様部分などの一部に[デコレーション]ツールなども使います。

線画の際はラフの線を薄く表示して、細かい部分の形を決めていきます。

[2]背景の下描きの下描き

背景の下描きの前に、もう一段階下描きを行います。
この時点では背景に関しては形が確定してなかったので、下描きするためにもうちょっとおおまかな形を決めておきます。

背景とキャラの違いがわかりやすいように、暫定的にキャラクター部分にグレーの下地色を置いて少し暗くします。

あまりに建物が四角四角した配置だったので凹んだ湾のような部分を左右につくります。 また高低差も階段状につけました。

おおまかな形をとるだけなのでフリーハンドで描いていますが、勘だけで描くと間違うので所々でパース定規を利用し、構図をチェックしています。

POINT
定規の移動

定規を作成するとレイヤーのサムネイル横に定規のマークが付与されます。
この定規のマークを選択してドラッグすると、定規を移動することができます。

今回のイラストのように色々な場面で最初に作成したパース定規を使用する場合、レイヤーを複製して(=同じ定規を複製して)おいて、定規を使用するレイヤーに移動すれば同じ定規を使用することができます。

[3]背景の下描き

ラフを元に背景の下描きをします。
パースに沿った部分はすべて定規を使います。

それ以外の部分をフリーハンドで補完するように描きます。この時点で形のイメージがほぼ決まります。


下描きの完成です。

≪  1.ラフ・仮塗り  |  2.下描き  |  3.線画  ≫

作者プロフィール:秋津たいら  (サイトURL:http://www003.upp.so-net.ne.jp/cowbell/

出版物用各種イラストやゲーム用イラストなどを手がけてます。「ソード・ワールド2.0リプレイ with BRAVE (富士見ドラゴンブック)」シリーズのイラストを担当。

このコンテンツを評価してください

コメント
koara-i 2014/10/09 02:38
参考になりました。
翠河 2014/03/31 07:37
勉強になります
みっぺーー 2013/11/14 00:49
わかりやすいです
だみだみん 2013/08/25 06:06
勉強になります
博龍 2013/08/24 05:11
初心者にはちょっとわかりづらいです…
人気のタグ