提供者 : セルシス    更新日 : 2019/02/07    作家 : 坂本ヒメミ
閲覧数 : 19712回 総合評価 : 10件
使用したバージョン:CLIP STUDIO PAINT PRO Ver.1.2.7

[1]グラデーションを追加する
[2]色の調整

[1]グラデーションを追加する

仕上げに、絵に深みが出るように部分的に色のグラデーションを追加していきます。
その際にぼやっとしたグラデーションではなく、手でタッチを重ねたグラデーションのようになるように[デコレーションブラシ]ツールの[カケアミ・砂目]を使用します。
[カケアミ1カケ]をベースにして、部分的に[カケアミ4カケ]や[トーン削り用]を使用しています。ブラシサイズは[Ctrl+Alt]キーのショートカットで適宜サイズを変更しながら240~380ぐらいです。



女の子の辺りにスポットライトがあたっているようなイメージで、明るい部分と暗い部分を意識しながら、パーツごとに分けたレイヤーに明るい色と暗い色をそれぞれ1色ずつぐらい塗り足していきます。

カケアミは色面のレイヤーの上に新規レイヤーを追加し、設定を[下のレイヤーでクリッピング]にしたものに入れていきます。
[下のレイヤーでクリッピング]を利用すれば色面からはみ出さずにカケアミを入れられます。
[下のレイヤーでクリッピング]は[レイヤー]パレットでカケアミ用の新規レイヤーを選択し、[下のレイヤーでクリッピング]をクリックして設定できます。
[下のレイヤーでクリッピング]の設定をしたレイヤーは赤が表示されます。



レイヤーのクリッピングは[Ctrl+Alt+G]キーのショートカットでもできます。
パーツによっては、カケアミ用のレイヤーを追加しないで、レイヤーを[透明ピクセルをロック]にして、色を重ねていきます。



クリッピングは、カケアミと元から塗ってある色をバラバラに後から色調整できる利点がありますが、レイヤーがどんどん増えてしまうので、後で調整が必要なさそうなものは[透明ピクセルをロック]を使っています。





[2]色の調整

一番上に色調整用のレイヤーを用意します。
[レイヤー]パレットのコンテキストメニュー→[新規色調補正レイヤー]→[トーンカーブ]を選択し、レイヤーを追加します。



ドロップの色鮮やかさが際立つように、全体のコントラストを少し上げるイメージでトーンカーブを調整しました。



明るい部分をさらに明るく、濃い色をさらに濃くするように調整して全体の色味を締めて完成です。



【完成イラスト】

クリックすると拡大表示できます。

作者プロフィール:坂本ヒメミ  (サイトURL:http://lenso.girly.jp/

1986年07月31日生まれ。東京在住。イラストレーター。たまにデザイナー。 恋をテーマにした作品作りを得意としながら、書籍の装画やCDジャケット等を中心にグッズのデザインなどボーダレスに活動しています。近年の代表作は桜木紫乃・著「起終点駅(ターミナル)」装画やDECO*27「ラブカレンダー」CDアートワーク 他。 遊びとファッションと音楽が燃料です。

コメント
翠河 2014/03/31 07:31
分かり易いです
zacherkuchen 2014/01/11 00:27
参考になりました
みっぺーー 2013/12/24 08:16
参考になります