4.塗り分け・下塗り

提供者 : セルシス    更新日 : 2016/06/14    作家 : ⑪(トイチ)
閲覧数 : 15735回 総合評価 : 6件
使用したバージョン:CLIP STUDIO PAINT Ver.1.4.3

塗り分けは、大きなパーツごとに塗り分けてから、さらに細かいパーツに塗り分けていきます。

[1]人物・背景などの大まかな塗り分け
[2]細かい要素ごとの塗り分け
[3]人物の線画を整える

[1]人物・背景などの大まかな塗り分け

(1)着彩の前準備として、パーツごとに下塗りしていきます。下塗りも「塗りつぶし&レイヤーマスク」の要領で作業します。

レイヤーマスクを選択した状態で、[自動選択]ツールで各パーツの形の選択範囲を作成して塗りつぶし、上手く選択できない部分は[ペン]ツールで塗っていきます。

(2)「人物」「背景」「大木と石段」「葉っぱ」をそれぞれ1つの要素としてマスク分けをしていきます。
判別がつきやすいように極端な色を置いています。

(3)マスク分けをしたいパーツの形で選択範囲を作成します。

選択状態のまま、[レイヤー]メニュー→[新規レイヤーフォルダー]を選択。レイヤーフォルダーを作成します。

(4)レイヤーパレットの下にある[レイヤーマスクを作成]をクリックすると、フォルダーにマスクを設定することができます。

POINT
選択範囲を作成する方法はいくつかありますが、今回のように人物の形の選択範囲を作成するときは、[自動選択]ツールで人物の外側を選択してから最後に[選択範囲]メニュー→[選択範囲を反転]で選択範囲を反転するとよいでしょう。

また、[自動選択]ツールで外側を選択する際、一度に選択できない髪の間などの細かい部分は[Ctrl]キーを押しながらクリックして選択範囲を追加していきます。


[2]細かい要素ごとの塗り分け

要素ごとにマスク分けをしたフォルダーの中に、さらにパーツを細分化していきます。

手前の葉っぱの場合では、3パーツに分けました。

[3]人物の線画を整える

人物の細かなパーツをマスク分けする前に線画を整えます。

真っ白に塗りつぶした「塗りつぶし&レイヤーマスク」のレイヤーを線画の上に作成して[下のレイヤーでクリッピング]します。線がはみ出ている部分はこのレイヤーで消していきます。

クリッピング元になる線画レイヤーの合成モードを[乗算]にしてあるため、白を塗った部分が透明に表示されて消えたように表示されます。
※白で塗りつぶすレイヤー自体の合成モードは[通常]です。

[下のレイヤーでクリッピング]は上部にあるアイコンをクリックするか、または[レイヤー]メニュー→[レイヤー設定]→[下のレイヤーでクリッピング]を選択して設定します。
クリッピング機能はよく使うので、私の場合は[Ctrl]+[G]のショートカットキーを設定をしています。

(7)すべてパーツの線画を同じ要領で修正します。

この時点のレイヤー構成は下図のようになっています。各パーツの線画レイヤーの上に白い抜きレイヤーがクリッピングされています。

(8)線画の修正が済んだら、下塗り作業を進めます。全体のマスクを設定したフォルダーの中で、さらに人物の「髪」や「服」などのパーツを細分化したフォルダーを作成し、マスクを設定しています。

レイヤーの階層は実際に衣装を重ねて着ていくのと同じように、一番下は「肌」フォルダー、次に「インナー」フォルダー…という順序にしています。

これで塗り分けの工程が終わりました。

次回は服の着彩の工程を解説します。

≪  3.線画を描く  |  4.塗り分け・下塗り  |  5.人物の着彩①服  ≫

作者プロフィール:⑪(トイチ)  (サイトURL:http://www.pixiv.net/member.php?id=2165451

書籍のイラストを描いたり、キャラクターデザインなどをしています。 人物はもちろんのこと、背景を描くのも好きで、資料集めを兼ねてよく旅に出て います。

このコンテンツを評価してください

コメント
コメントはありません