CLIP STUDIO PAINT 使い… > メイキング > つちもちしんじ > 5.グラデーションとテク…

5.グラデーションとテクスチャで仕上げる

提供者 : セルシス    更新日 : 2017/03/07    作家 : つちもちしんじ
閲覧数 : 3669回 総合評価 : 4件
使用したバージョン:CLIP STUDIO PAINT Ver.1.6.3

[1]グラデーションで奥行きを演出する
[2]紙のテクスチャを重ねて仕上げる

[1]グラデーションで奥行きを演出する

地面の部分に奥行きを作りたいのでグラデーションをかけます。

[選択範囲]ツール→[自動選択]ツールで「塗り」レイヤーの地面の色面を選択します。

「塗り」レイヤーの上に合成モード[乗算]の新規レイヤーを作成し、[グラデーション]ツールの[描画色から透明色]で、青色→透明のグラデーションをかけます。

[2]紙のテクスチャを重ねて仕上げる

紙の粗さと微かに退色した風合いを出すために最後に一層、紙のテクスチャのレイヤーを乗せます。

(1)身近なスケッチブックの灰色の厚紙をスキャンした画像を、イラストとは別のキャンバスに読み込みます。
※画像をCLIP STUDIO PAINTの画面にドラッグ&ドロップすると別のキャンバスが自動的に作成されて読み込まれます。

(2)端の余分な部分が入らないように[選択範囲]ツール→[長方形選択]で大まかに選択し、[編集]メニュー→[キャンバスサイズを選択範囲に合わせる]でトリミングします。

(3)[レイヤープロパティ]で[表現色]を[グレー]に変更します。

(4)[編集]メニュー→[色調補正]→[レベル補正]でメリハリを加えます。

(5)[選択範囲]メニュー→[色域選択]を選択します。

ダイアログが開き、キャンバス上にカーソルを持っていくと[スポイト]になるので、その状態で白い部分をクリックします。そして作成された選択範囲内を[delete]キーで削除します。
※[色域選択]ダイアログで[選択タイプ]を[選択に追加]にすると[スポイト]で選択範囲を追加でき複数の色域を選択範囲にできます。

(6)[選択範囲]メニュー→[選択範囲を反転]して元々選択していた範囲に戻し、[編集]メニュー→[塗りつぶし]で白く塗りつぶします。

POINT
[レイヤープロパティ]の機能でも同じ様にテクスチャ画像を調整できます。

①表現色を[モノクロ]に変更→[色の閾値]を調整したら表示を「黒のみ」にします。
②[レイヤーカラー]を白に設定します。
③[レイヤーの不透明度を反映]のチェックをOFF

また、テクスチャ用の画像を[画像素材]レイヤーに変換すれば、[レイヤープロパティ]の[質感合成]モードが使用できます。

■画像素材レイヤーへの変換方法
レイヤーを右クリックして表示されるメニューから[レイヤーの変換]→[画像素材レイヤー]を選択し、表示されるダイアログで[画像素材レイヤー]を選択して変換します。

変換したレイヤーを[素材]パレットにドラッグ&ドロップで素材登録しておけば、他の作品にも活用できます。
※CLIP STUDIO PAINTの[読み込み]メニュー→[スキャン]から画像を読み込んだ場合は初期状態で [画像素材]レイヤーに変換されています。


(7)[選択範囲]メニュー→[すべてを選択]しテクスチャをコピーしたら、イラストのファイルに戻って、[編集]メニュー→[貼り付け]でテクスチャをペーストします。

(9)テクスチャがペーストされたレイヤーをレイヤーパレットの一番上に配置し、色のバランスを見て不透明度8%にしました。
※あまり、強くすると色が弱くなるので、微かに感じられる程度にしています。

最後に[編集]メニュー→[変形]→[拡大・縮小・回転]でテクスチャの位置を調整したらイラストの完成です。


クリックすると拡大します。

≪  4.線の色変更とネオンの光  |  5.グラデーションとテクスチャ…  |  1.ブラシの設定・ラフ  ≫

作者プロフィール:つちもちしんじ  (サイトURL:http://tsuchimochishinji.com/

東京都在住。古典的マンガ、浮世絵、絵画、ポップアート、ポップソングなどから刺激を受けて、 漫画やイラストに勤しんでいます。 「東京下町百景-つちもちしんじ作品集」発売中

このコンテンツを評価してください

コメント
toyosigeri 2017/03/22 09:41
連投すいません。星一つ減らすの忘れてた。絵自体がとても良かったのでつい・・・ クリペのメイキングは今回に限らずプロの方の絵が初心者にはついていけない高レベルなんだよとちょっと言いたかった。
toyosigeri 2017/03/22 02:23
ものすごくわかりやすい説明で初心者の自分でも技法が驚くほど理解できました。星1つ減らしたのは絵そのものが精巧ですごすぎたのでこの初心者がビビったからです。