第6回 作品を作ろう(2)

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 22334回 総合評価 : 2件

1.ComicStudioで同人誌の原稿を描こう!後編
2.修羅場を助ける技!!
3.作品を編集しよう!

前回に続き、同人誌の本文を作っていきます。後編は、主に原稿の仕上げについて解説します。ペン入れまで進んだらもう脱稿は目前です、頑張りましょう!

 

1.ComicStudioで同人誌の原稿を描こう!後編

背景

背景は[パース定規]を中心に各種定規を活用して作成します。 [パース定規]は、[定規レイヤー]上で作成します。下絵として写真などを読み込み、その上からパース定規を利用してトレースするとフリーハンドできれいな直線が引けます。また、Pro(EX)4.0では[3D下描き]機能、EXでは[2DLTレンダリング]、[3DLTレンダリング]などの便利な機能があります。

doujin_006_001.jpg

 

ベタ・トーン貼り

ベタやトーン貼りは、選択範囲を[塗りつぶし]ツールで塗ります。[ツールオプション]で「すべてのレイヤーを対象にする」にチェックを入れて、「隙間を閉じる」をオンにしながら塗りつぶす、という方法もあります。また、[閉領域フィル]も役立ちます。[閉領域フィル]ツールは、ベタやトーンの部分を包むように領域を作ると、細部の塗り残しを塗り足してくれます。[塗りつぶし]と[閉領域フィル]を活用して塗っていきましょう。

注意点としては、細かい柄や濃い柄のトーンを貼ってしまうと、印刷した際に網点がつぶれてしまう可能性があります。目安として、70線以上の線数や70%以上の濃度はなるべく使わないようにしましょう。

doujin_006_002.jpg

 

セリフ入れ(写植)

マンガ制作では、セリフ等を活字にすることを写植と言います。ネームの段階でセリフを入れる場合もありますが、この例では完成した段階で入力します。ComicStudioでは、入力に[テキスト]ツールを使用します。[テキスト]ツールでは、フキダシの作成と写植をまとめて行うことができます。「フキダシは自分で描きたい!」という場合はレイヤーにフキダシを描いて、セリフ部分だけを入力しましょう。写植のサイズの目安は9~12ptですが、入力した画面を確認しながら決めていくのがオススメです。フォントの種類や基準フォントサイズなどは、[設定]ボタンで表示される[スタイル設定]で設定して保存することができます。

doujin_006_003.jpg

 

2.修羅場を助ける技!!

修羅場中は時間が足りなくて、1分1秒でも早く作業を進めたくなります。ここでは原稿作成の効率をアップさせる技をご紹介します。

ショートカットを使いこなす

ComicStudioでは、よく使う機能にショートカットキーを割り当てることができます。[ファイル]メニューの[ショートカット設定]で設定します。デフォルト設定のショートカットを必要な部分だけ覚えてもいいのですが、せっかくですから自分が使いやすいように変えましょう。また、[ツール]に関しては一つのキーだけでショートカットを登録することもできるので、ペンタブレットを使いながらワンタッチでツールが切り替えられます。複数の機能に同じショートカットを割り当てると、トグルといって、そのショートカットを押すたびにツールを切り替えることができます

doujin_006_004.jpg

ベクターレイヤーの利点

ベクターレイヤーを使用して作画作業を行うと、さまざまな利点があります。修正をする時は、[消しゴム]ツールの「交点までを消去」が重宝します。また、[線つまみ]ツールなどで後から線の編集が行えます。ラスターレイヤーには独特の描き味があり、ベクターレイヤーでは線を綺麗に調整できます。双方に特徴がありますので、例えば人物はラスターで背景はベクター、という使い分けもできます。ただし、マシンのスペックが低い場合、ベクターレイヤーは操作が重くなることがあるので気をつけましょう。

doujin_006_005.jpg

カスタムツールパレット

[ カスタムツール ] パレットに自分のよく使うペンやパターンブラシなどをまとめて登録しておくと、パレットから選ぶだけで、ペンの種類を変えながら描画することができます。例えば、細かい描写が必要な顔や髪の毛と、ある程度の太さが必要な輪郭・服などを別々のペン設定で描く場合、[ ツール ] パレットからそれぞれの設定を呼び出す煩わしさがなくなるのでオススメです。

doujin_006_006.jpg

アクション(EXのみ)

使用頻度が高く、繰り返し行う作業を [ アクション ] パレットに登録しておくことで、次回実行するときにワンクリックでその作業を呼び出すことができます。例えば描き文字の中を透明にしたい場合、[選択範囲]ツールで選択し、選択範囲を縮小してから削除をするという 3 つの工程がありますが、アクションパレットだとそれが一回のクリック(またはショートカット)で行うことができます。[ アクション ] を作成するには、 [ アクション ] パレットで [ 新規アクション ] を作ります。

doujin_006_007.jpg

 

3.作品を編集しよう!

本文の内容が完成したらページの抜けがないか、ページ数は合っているかなどを確認していきます。

作品表示からの編集

中途半端に残っている白紙のページや、間違い等を見つけた場合は修正しましょう。内容を確認する時は[ 作品表示 ] にしておくと、ページの追加や移動が楽です。ページの移動は、ドラッグ&ドロップで簡単にできます。

doujin_006_008.jpg

残ってしまった白紙の部分には、題名、イラスト、今後の予定やサークルの紹介などを入れてうまくレイアウトしていきましょう。

MEMO
修羅場が終わった!!あともう一息…

印刷所に入稿し終わると、今まで切羽詰っていた分、気が抜けます。徹夜明けの翌日が仕事や学校だったりすると、眠気と疲れによってハイテンションになったり、体調不良に陥ったりする人もいます。倒れてイベント当日に欠席…なんてことにならないように体調には気をつけましょう。

 

気をつけるポイント

[作品表示]の状態で、作品全体のバランスやコマ割りが綴じ位置と合っているかを確認していくといいでしょう。例えば綴じ位置が右の場合、右側を断ち切りにしても多くの部分がノドに隠れてしまいます。効果的なコマ割りとしては、外側の部分を断ち切るといいですね。また、黒色で印刷される部分がページの三分の二以上を占めている場合は、印刷会社の料金が通常より割増になる場合があります。気をつけましょう。

MEMO
セットと基本料金の違いは?
 
ほとんどの同人誌印刷所は「セット(もしくはフェア)」と「基本料金」という2つの料金プランに分かれています。セットは紙の種類・表紙の印刷・本文用紙が決まっていてその条件内で本を作ることが前提になっています。一方、基本料金だと色上質紙に単色刷り表紙などの基本的な仕様に、オプションで箔押しや加工などをつけることで独自の本が作りやすくなります。会社によっては2色や3色刷りが基本料金内に含まれている場合もあります。最近はセットプランでも様々なバリエーションがあり、特徴のある同人誌を作れるようになりました

 

≪  第5回 作品を作ろう(1)  |  第6回 作品を作ろう(2)  |  第7回 入稿の準備をしよう!  ≫

このコンテンツを評価してください

コメント
コメントはありません
人気のタグ

半角文字を横 グラデーション クイックマスク 雲形定規 ComicStudio 初心者 ダウンロード版 パソコンにインストール ソフトを使う準備 はじめての準備ナビ MacOSX版 Windows版 出力 アクション 見開き 単ページ ページを見開きにする ズバッと解決!図解探偵 反転レイヤー レイヤー パレット色 表示品質 環境設定 選択範囲の反転 選択範囲 フィルタ ホワイトトーン トーン テキストレイヤー領域 テキスト カスタムツール カスタマイズ ツール設定 上級者 機能解説!トラの巻 下描きの色の変更 下描き トーンの種類 バリュー版 ComicStudioEX レッスンファイル さっそく描いてみよう さっそく使ってみよう レイヤーのロック 下描きの色を変更 ビギナーズアシスタント キャラクター素材 ツールのサイズ 選択範囲の削除 選択範囲の作成 選択範囲の追加 ヘルプ ダイナミックヘルプ 連載紹介 ブラシ素材 素材 講座紹介 透明部分の表示色 用紙の新規作成 オフセット本 平とじ本 中とじ本 レンダリング 二値 アンチエイリアス 書き出し ショートカット 閉領域フィル 塗りつぶし パース定規 ペン入れ コマ割り ネーム 作品表示 基準解像度 原稿用紙テンプレート 裁ち落とし幅 寸法指定 ページ設定 5色印刷 マゼンタ混合4色印刷 蛍光ピンク差し替え印刷 カラー印刷 CMYK RGB 背幅 フルカラー 2色刷り 単色刷り オフセット印刷 オンデマンド印刷 入稿表示 初期化起動 移動 環境設定の復元 取り消し パレットの整頓 実践 パス作成 パス