ComicStudio 使い方講座 > 同人誌7Daysハイパーレス… > 金曜日:描き文字とセリ…

金曜日:描き文字とセリフ(フキダシ)

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 18289回 総合評価 : 1件

[1]描き文字を入れる
[2]セリフ(ネーム)の打ち込み

 

[1]描き文字を入れる

■ComicStudioで描き文字を描く

描き文字やオノマトペ(擬声語/擬態語)の描き込みはComicStudioで行うと便利です。

 

例えば、人物の線や効果線に描き文字がかぶっているところでは文字を避けて線を引く、なんてことも必要でした。ちょっと大変でしたよね。

 

ComicStudioでレイヤーを活用すると、原稿の絵に影響を与えずに描き文字を描き入れることができます。

 

描き文字を描くための新規レイヤーを一番上に作っておきます。判りやすい名前をつけておきましょう。

 

[選択範囲]ツールと[レイヤー移動]ツールを使えば、描いた文字の位置を調整することも可能です。
まずは、この例では[矩形選択]ツールを利用して「ビ」という描き文字だけを含む選択範囲を作ります。

 

[矩形選択]をした状態で、[レイヤー移動]ツールをクリックすれば、選択範囲の中に描かれている文字だけがドラッグで移動できます。ペン入れ画像に影響を与えずに後から文字のバランスを調整することもできますよ!

POINT

選択範囲を作るためのツールには他に[折れ線選択]ツールなどがあります。必要な選択範囲の形を考えながらツールを使い分けてみましょう!

 

■フチをつける

描き文字でよく使われるのが「フチ取り」です。線画やトーンの上に描き文字を描く場合、文字が埋もれて読みにくくなるのを防いだりする役割もあります。もちろんフリーハンドでフチをつけてもいいのですが、デジタルらしい方法も紹介しておきましょう。

 

[矩形選択]ツールを選びます。

 

[ツールオプション]パレットの[ツール設定メニュー]で[形状選択]を選びます。

 

[シュリンク]タブをクリックして、[複数参照]のチェックボックスをOFFにします。これで、描き文字を描いたレイヤーだけを参照するようになります。

 

描き文字を描いたら、文字がすべて選択範囲の中に入るように指定します。

 

文字を描いた形通りに選択範囲が指定できます。

 

選択範囲が指定できたら、[編集]メニューから[選択範囲をフチ取り]を選びます。

 

インク色は[白]、[外側に描画]を選択。線の太さなどは適宜必要な設定で。設定が終わったら[OK]をクリックします。

 

描き文字にフチが付きました。迫力のあるオノマトペは絵にかぶって描かれることも多いので、ComicStudioで描いて、自由に位置を調整できるようにしておくと便利ですよ!

POINT

フチつけの作業が終わったら、必ず[矩形選択]ツールの[ツールオプション]パレットの[ツール設定メニュー]の内容を[矩形選択]に戻しておきましょう。

 

[2]セリフ(ネーム)の打ち込み

■文字を打ち込む

ComicStudioで文字(テキスト)を入力したい場合は[テキスト]ツールを使います。

 

文字を入力したい部分でクリックすると、[プロパティ]パレットの[テキスト]タブが表示されて文字入力ができるモードになります。

 

文字を入力して、確定するときは[OK]ボタンをクリックするか、[Shift]+[Enter]キーを押します。

文字のサイズや文字間/行間などの設定はワープロの要領で設定します。

 

[設定…]ボタンをクリックすると文字サイズなどの設定を[スタイル]として記憶できます。作品で利用するスタイルを保存しておくと、「あれ?文字はどれくらいの大きさで統一してたっけ…?」なんてことがなくなりますよ!

また、コミックではセリフのフォントを「ひらがなは明朝体」「漢字はゴシック体」に設定する「アンチゴチ」がよく使われます。そういった設定ができるように「ひらがな・カタカナ用フォント」と「漢字用フォント」を別々に設定ができるようになっています。

 

入力された文字の大きさはテキストの周りのハンドルをドラッグして変更できます。フキダシの大きさに合わせたいときなどに活用しましょう。

POINT

テキストデータは1文章につき、1つのレイヤーを使います。テキストツールオプションの[テキストフォルダに格納する]をONにしておけば、テキストレイヤーが同じフォルダに収まるので扱いやすくなります。[テキストフォルダ]は最初に自動的に作成されます。

 

■フキダシをつける

[フキダシ]タブをクリックすると、テキストにフキダシを付加することが可能です。絵やコマ枠の上にセリフを配置したいときなどに便利ですよ!

 

単純な形のフキダシなら[フキダシを生成]ボタンをクリックして、形を選んで作成します。

 

複雑な形のフキダシを使いたいなら[素材からフキダシを選択]をクリックして登録されているいろんな形のフキダシを選びます。

 

フキダシの大きさもフキダシの周りのハンドルをドラッグして変更します。

 

[曲線のしっぽを追加]または[直線のしっぽを追加]をクリックして、フキダシの内部から外側にドラッグで指定するとフキダシのしっぽも設定できます。

 

テキストにフキダシをつけた後に大きさや位置を調整しても、原稿の画像には影響しないので後からセリフの位置を変更できます!

コメント
コメントはありません