4.厚塗りの基本

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 166563回 総合評価 : 4件

基本的な描画方法をおさらいしたら、いよいよリンゴを厚塗りで描きます。

■厚塗りって何?

厚塗りとは、透明度が低く塗り重ねが可能な画材(アクリルガッシュやポスターカラーなどの不透明水彩や油絵)を使った技法のことです。

明るい部分は明るい色、暗い部分は暗い色で、下の色を覆い隠すように塗り重ねていくのが特徴です。

アニメのようなマットな塗り方は厚塗りとは呼ばれにくく、ブラシのタッチが活かされていることも「厚塗り」の条件です。

1.ツールを選択する

(1)[ツール]パレットの[描画]リブから[水彩]ツールを選択します。

(2)ツールバーの[カレントツールセット]で、[不透明水彩]が選択されていることを確認します。
[不透明水彩]が選択されていない場合は、ツールバーの[カレントツールセット]をクリックし、[不透明水彩]を選択します。

① ツールバーの[カレントツールセット]をクリックします。
②[不透明水彩]を選択します。
③もう一度①のツールバーの[カレントツールセット]をクリックし、ツールセット一覧を閉じます。

(3)[不透明水彩]が選択されました。
[不透明水彩]で、ブラシのサイズや不透明度などの設定を変更したことがある場合は、一旦元の設定に戻します。

①ツールバーの[カレントツールセット]をクリックし、ツールセット一覧を表示します。
②ツールセット一覧の上部にある[初期設定に戻す]アイコンをクリックします。

[不透明水彩]が元の設定に戻ります。

(4)厚塗りしやすいように[不透明水彩]の[ツールオプション]の不透明度の数値を上げておきます。
初期状態で設定されている「40」を「80」に変更します。

2.色の設定をする

今回は暗い部分の上に明るい部分を塗り重ねていきますので、リンゴの影の色を選びます。
[カラーセット]パレットで暗い赤色をクリックし、選択します。

3.シルエットを描く

キャンバスに、リンゴの形を描いて塗りつぶします。
適当な大きさの丸を、濃く描きます。

筆圧を高めにすると色が濃くなります。

4.シルエットを修正する

リンゴを形になるように描き足したり削ったりしていきます。
シルエットの一部を削りたい時などには[消しゴム]ツールを使います。

(1)[ツール]パレットの[描画]リブから[消しゴム]ツールを選択します。

(2)消しゴムのサイズを調整します。
[ツールプレビュー]パレットのピンク色の部分で外向きにドラッグするとサイズが大きく、内向きにドラッグすると小さくなります。黒い丸の大きさが、消去される範囲です。

サイズを大きくすると広い範囲で消すことができ、小さくすると細かい部分を修正することができます。

(3)消したい部分をなぞります。

描いたり消したりを繰り返し、リンゴのシルエットを描画します。

コメント
翠河 2014/04/01 07:09
勉強になります
kurochibi 2012/06/04 04:19
厚塗りは個人的にかなり根気がいる塗り方だと感じています…やってみたらかなり大変でした。 私はペンの設定が下手で初めは思うように上手く塗れずにいましたが、ペンを試行錯誤カスタマイズしたところ、思うような塗りができるようになりました。 ペンを厚塗り用に幾つも作っておくといいかもしれません。