提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/27   
閲覧数 : 3951回 総合評価 : 2件

(1)デスクトップのアイコンをダブルクリックします。

(2)[ようこそ]ダイアログが表示されます。初期設定では左一番上のUI(ユーザーインターフェイス)が選択されていますので、そのまま[起動する]をクリックします。

(3)[筆圧検知レベルの調整]ダイアログが表示されますが、[いいえ]をクリックします。筆圧の調整は後でもできますのでここではそのままの設定で描き味を体験してください。

筆圧検知レベルの調節とは、タブレットペンにかけた筆圧をどの程度IllustStudioのブラシに反映させるかを、微調整することです。

調整を行う場合は、[はい]をクリックします。

(4)次のようなダイアログが表示されますが、[いいえ]をクリックします。

(5)IllustStudioが起動します。

起動した直後に、横長の白いキャンバスが自動で作成されます。アナログでイラストを描く時の紙にあたるのがキャンバス(真ん中の白く表示されているエリア)です。このキャンバスに絵を描いていきます。

この講座で利用するパレットやメニューを紹介します。

①ツールバー …キャンバスを新しく作成したり、描いたイラストをパソコンの中に保存できます。
②[ツール]パレット …イラストを描くための道具(ツール)を選択できます
③[ツールプレビュー]パレット …ブラシのサイズを調整できます。
④[カラーセット]パレット …マス目状に並んでいる色の中から、描画する色を選択できます。
⑤[レイヤー]パレット …CGイラストを描くために必要な「レイヤー」という機能を操作できます。

コメント
翠河 2014/04/01 07:12
勉強になります