提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 10749回 総合評価 : 4件

次は[鉛筆]ツールを使って、下描きをもとに主線を描いていきます。その前に清書用のレイヤーを用意します。

1.レイヤーってなに?

IllustSutdioでイラストを描くときには、「レイヤー」というものを使用します。
レイヤーとは、透明なフィルムのようなものです。線も色も、全てこの透明な「レイヤー」に描きます。

線と色、キャラクターと背景などを、別々のレイヤーに分けて描いておくと、あとで修正が楽になったり、非表示するだけでそのレイヤーに描かれたものを消した状態にすることができます。

レイヤーは[レイヤー]パレットで表示されている並び順で重なっています。下のレイヤーは上のレイヤーに描かれているもので見えなくなります。

2.下描きしたレイヤーの名前を変更する

下描きしたレイヤーの上にペン入れ用のレイヤーを重ねますので、区別しやすいようにレイヤー名を変えておきましょう。

レイヤーの操作は右下にある[レイヤー]パレットで行います。

[レイヤー]パレットのレイヤー名の部分をダブルクリックし、「下描き」と入力します。

3.主線用のレイヤーを用意する

次に、主線を描くためのレイヤーを作成します。下描きとレイヤーを分けておくと下描き用のレイヤーを非表示にするだけで主線のみのデータにすることができて便利です。

(1)[レイヤー]パレットの[新規ラスターレイヤー作成]ボタン(①)をクリックすると、新しくレイヤーが追加されます(②)。

(2)レイヤー名のところをダブルクリックして、「主線」と入力します。

(3)「主線」レイヤーが選択されていることを確認します。

せっかく下描きとレイヤーをわけたのに「下描き」レイヤーが選択されていると下描きに直接主線を描き込んでしまい、主線を描き直したり、あとで下描きの線を消す作業が大変になってしまいます。

4.ツールの準備をする

下描きと同じ[色鉛筆]を使用して主線を描いていきます。サイズも下描きと同じサイズで行います。

主線なので色を[カラーセット]パレットで[黒]を選択します。

5.主線を描く

下描きを参考に線を描きこんでいきます。

さきほどレイヤーを追加したとき、「下描き」レイヤーの上に「主線」レイヤーを作成したので、ペン入れをしていくと下描きのブルーの線がペンの黒い線で見えなくなっていることが分かると思います。

6.線を修正する

線を修正したい時は[消しゴム]ツールを使います。

(1)[ツール]パレットの[描画]リブから[消しゴム]ツールを選択します。

(2)[ツールプレビュー]パレットのピンクの部分をドラッグし、[消しゴム]ツールのサイズを調整します。

(3)消したい線をなぞります。

下描きとレイヤーを分けているので主線を消しても、下描きのブルーの線は消えません。

[鉛筆]ツールと[消しゴム]ツールを使って、清書を進めます。

7.清書の完成

犬に主線を描き込んだら清書の完成です。

コメント
翠河 2014/04/01 07:11
勉強になります