6.ディティールの強調とグラデーション

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30    作家 : 富岡二郎(とみおかじろう)
閲覧数 : 3919回 総合評価 : 1件

1.二層目の陰影

(1)ディティールを強調するため、二層目の陰影を描いていきます。
二層目も一層目と同じく、新規レイヤーを作成し[下のレイヤーにクリッピング]と[合成モード]を「乗算」に設定します。

陰影ごとにレイヤー分けしているので、描いた後も細かい修正が可能です。

 

(2)一層目と同じブラシで陰影を描きます。

 

二層目では、光源はそれほど意識せず、「細部を強調する」事を心掛けます。

 

この部分では、服のシワに沿って陰影を乗せています。色は薄いグレーを使っていますが、全体を見ながらフィルタで調整しましょう。

 

このように服のシワや、体のパーツが強調されました。
同じ要領で、他の部分も進めていきます。

だいぶ完成が見えて来ました。

 

2.グラデーションを描く

さらに雰囲気や立体感を演出するため、グラデーションを描いていきます。この工程でも陰影と同じようにクリッピングと[合成モード]「乗算」を使います。
[グラデーション]ツールを使ってもいいのですが、ここでは[エアブラシ]ツールを使用しています。

 

一番手前の人物をグラデーションで強調します。

(1)「一番前」フォルダの上に新規レイヤーを作成し、[合成モード]を「乗算」に変更し、[下のレイヤーでクリッピング]に設定します。

 

(2)電気の消えた教室は、天井の方が暗くなっているので上部が暗くなるように[描画色]「黒」でエアブラシをのせます。

 

(3)レイヤーの[不透明度]を調整します。
今回は「50%」に変更しました。

 

 

立体感が出ると同時に、位置関係も鮮明になりました。
これで陰影は完成です。

作者プロフィール:富岡二郎(とみおかじろう)  (サイトURL:http://tomioka2.huruike.com

初めまして、富岡二郎といいます。意表を突く構図やシチュエーションを目指していきたいです。

コメント
コメントはありません