提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30    作家 : 富岡二郎(とみおかじろう)
閲覧数 : 3643回 総合評価 : 1件

1.光の効果

[合成モード][オーバーレイ]と[エアブラシ]ツールで、窓から差し込む光を表現します。この工程で、イラスト全体の空気感が増します。

(1)一番上に新規レイヤーを作成し、[合成モード]を[オーバーレイ]にします。

 

(2)イラスト中で光の当たっている部分に、[エアブラシ]ツールの[ツールセット]「ふんわり」で白をのせていきます。

 
 

イラスト中の陽の差している部分が発光したようになりました。

 

(3)少し明るすぎたので[レイヤー]パレットで[不透明度]を調節します。[不透明度]「80」で落ち着きました。

作者プロフィール:富岡二郎(とみおかじろう)  (サイトURL:http://tomioka2.huruike.com

初めまして、富岡二郎といいます。意表を突く構図やシチュエーションを目指していきたいです。

コメント
コメントはありません