提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30    作家 : 萩原 凛(はぎわら りん)
閲覧数 : 9260回 総合評価 : 0件

線画はラフと同じく[鉛筆]ツールで描写します。線の太さは8pxにします。
[鉛筆]ツールの柔らかい線と描き味が気に入っています。

作業の邪魔にならないようラフの着色レイヤーをすべて非表示にして、ラフの線画レイヤーの不透明度を下げておきます。

後で線画の色を変えやすくするため、レイヤーは部分ごとに分けて描いていきます。今回は髪と身体の2つに分けました。
線画用のレイヤーはフォルダに格納してひとつにまとめ、ラフレイヤーの上にくるようにします。

線画の色はイラストの全体的な色のイメージから選んでいます。
今回は夜のイメージだったので、明度・彩度の低い紫を選びました。

まず髪から描いていきます。髪は線画の段階で、できるだけ髪の流れを細かく描いておくことを心がけています。綺麗な曲線を描くことも大事になるので、 気に入った線が描けるまで何度も描き直したりすることも多いです。

次に身体を描いていきます。腰のラインに限らず、胸の下などくびれを強調したい部分は、多少服の皺を細かく描きます。スカートの皺は若干身体のラインに沿うように描くようにすると、少し動きも出て良いかと思います。

線画が終わったら、ラフのレイヤーを非表示にして線画の完成です。

作者プロフィール:萩原 凛(はぎわら りん)  (サイトURL:http://xxvivixx.noor.jp/

広島在住。女の子やドレス、フリルなどをよく描きます。

コメント
コメントはありません