8.パターンブラシ‐服の装飾

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30    作家 : 萩原 凛(はぎわら りん)
閲覧数 : 6797回 総合評価 : 1件

ドレスが少しシンプル過ぎる感じがするので、レースで装飾します。

新規レイヤーを作成し、合成モードを[加算(発光)]、[下のレイヤーにクリッピング]に設定します。

[パターンブラシ]ツールのツールセット[レースリボン]で服に装飾します。

次にテクスチャで服に模様をつけます。

(1)[パレット]メニュー→[素材]を選択して[素材]パレットを表示させます。

(2)[パターントーン]→[デフォルト]→[テクスチャ]の[にじみ]を選択し、キャンバスにドラッグ&ドロップで貼り付けます。

(3)「にじみ」レイヤーの合成モードを[ソフトライト]にして、不透明度を下げます。

さらに[パターンブラシ]ツールのツールセット[カケアミ]で全体に薄く模様をつけます。
引き続きレイヤーは[下のレイヤーでクリッピング]に設定して使用します。
レイヤーの合成モードは[オーバーレイ]にしておきます。

パターンブラシで色の調整をします。ドレスが周囲の色に影響を受けているイメージ(肌に接する部分は肌色、など)で、色を置いています。レイヤーの合成モードを[オーバーレイ]にして、[パターンブラシ]ツールのツールセット[にじみブラシB]を使い、服や肌など周囲の色を取りつつ色を置いていきます。

最後に手に持っている花を塗ります。
今までと同様[塗りつぶし]ツールで下塗りし、レイヤーにロックをかけた状態で陰影を入れます。

ここまでの作業でレイヤー構成は次のようになりました。

これで人物の塗りが終わりました。

 

作者プロフィール:萩原 凛(はぎわら りん)  (サイトURL:http://xxvivixx.noor.jp/

広島在住。女の子やドレス、フリルなどをよく描きます。

コメント
コメントはありません