提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30    作家 : 一紅(カヅコ)
閲覧数 : 2900回 総合評価 : 0件

①線画の色合を調整

完成したら、不要なレイヤーを全て削除、必要な線画は全て統合して、アナログで着色をするために印刷をします。

ですが、このままだと白と黒のコントラストが強いので、アナログとデジタルのバランスを考えて線画の色を変更します。

[フィルタ]メニューから[カラーバランス]を選択し、[カラーバランス]ダイアログで、カラーレベルを「55」、「15」、「-25」で線画の色を黒から、茶色に変更します。

デジタルの線画の印象が強すぎると、印刷した線画にアナログで着色する時に、アナログのわずかなにじみや、

色合いを生かすことができないため、線画を印刷するときは、線が少し見えるくらいの薄さにすると、バランスがとれると思います。

これでも線が強いので、レイヤーの[不透明度]を75%ほどにして、薄くします。

②印刷サイズ

現在、画像のサイズはB5ですが、水張り用のスペースを考えて、印刷用紙のサイズは、A4にします。

[ファイル]メニューから[ページ設定]を選択します。

[ページ設定]ダイアログの[用紙]→[サイズ]を「A4」に設定し[OK]をクリックします。

印刷設定で、印刷の時に余白がどれぐらいできるか確認ができます。

赤枠の外が余白になります。

この時[印刷サイズ]が[実寸]、[出力範囲]が[キャンバス全体]になっていることも確認します。

今回使用する紙は水彩紙ワーグマンの荒目・厚口です。
紙にはあまり詳しくないのですが、ワーグマンは、とても丈夫で、クレヨンの描写が綺麗に出るのでよく使用します。ワトソン、マーメイドでも大丈夫です。

尚、荒目は、かなり表面の凹凸が激しく、色が薄すぎる、細かい描写が多いと、プリンターのインクが定着しない場合があります。
名称はおそらくプリンターのメーカー様にもよりますが、[印刷の品質]というところに大きく分けて2種類の印刷方法

・時間優先タイプ:クオリティは落ちるけれどもスピーディーに印刷できる方法

・画質優先タイプ:時間はかかってしまうけれども、クオリティが高い印刷ができる方法

の二つがあると思います。

できれば、線画の細かい部分までわかる「画質優先タイプ」の印刷設定にするといいです。

≪  2.線画制作  |  3.線画の印刷  |  4.(アナログ制作)水張り  ≫

作者プロフィール:一紅(カヅコ)  (サイトURL:http://www7.ocn.ne.jp/~amazon-s/top.html

主にアナログとデジタルを融合した少女イラストを描いています。

このコンテンツを評価してください

コメント
コメントはありません
人気のタグ

グリザイユ クリッピングフォルダ クリスタ トレースする 枠取り 塗り残し 乗算 写真のトレース 筆圧 ぶれないペン コピペ 線画の取り込み トンボ 保存 RGBAカラー 設定を変更 PNG 指定の形式で保存 ズバッと解決!図解探偵 IllustStudio 色の設定 レイヤープロパティ パレットカラー テクスチャ 線画 CMYK 選択範囲の反転 選択範囲 色塗り 仕上げ パターンブラシ メイキング(feat.クリエイター) 人気絵師 イラスタ えるぽ マスク フィルタレイヤー 色相・彩度・明度 グラデーション ブラシ クリッピングレイヤー クリッピング ツール設定 スポイト 読み込み スキャン レイヤーカラー レイヤーカラーを使用する 初心者 パソコンにインストール ソフトを使う準備 テキスト 画面操作 描画負荷グラフ 色の調整 合成モード 装飾 塗りつぶし オリジナル素材の作成 画像データの読み込み アナログ併用 2値 フィルタ 下塗り 鉛筆 水彩 ざいん 質感 陰影 厚塗り メイキング(feat.テーマ) 選択範囲の作成 マジックワンド 消しゴム 移動と変形 レイヤーマスク くちびる パース定規 投げなわ選択 レイヤー フチ ウィンドウレイアウトを初期化 下描き 色作成 筆ペン 反転 バリュー版 はじめての準備ナビ レッスンファイル さっそく描いてみよう さっそく使ってみよう 現在の選択から削除 選択範囲の追加 キャンバスサイズの変更 アナログ アサバ 初期化起動 ツールのサイズ パース