4.(アナログ制作)水張り

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30    作家 : 一紅(カヅコ)
閲覧数 : 5662回 総合評価 : 0件

制作の前に紙が濡れた時に生じる大きな凹凸を抑えるため、水張りをします。

用意するもの

・マスキングテープ(水張りテープでも可)
・ハンカチ(柔らかい布)
・パネル
・太めの筆
・水

先ず、先ほど印刷したA4の紙の裏側に水をまんべんなく塗ります。

水が紙に浸透して、しっとりしてきたら、紙を表にして、裏面を木製パネルに張り付けます。

ハンカチなどの柔らかい布で紙の凹凸を優しく平らにしながら、素早く4辺にマスキングテープを貼り、乾くまでしばらく放置。

現在、私が使用しているプリンターは顔料インクタイプのもののため、水に濡れてもインクがにじむことがほとんどありません。ですが、昔愛用していた染料インクのプリンターと比べると、メーカーにもよりますが、発色のよさや、水に濡れた時の効果の面で、個人的に染料インクをおすすめしたいです。

POINT

水張りとは

水彩画など水を多く使う絵を描くときに紙に歪みが生じにくいよう、一旦水に塗らした紙をパネルに張り付けるという手法です。
紙は水に濡れると繊維の間に水が入って伸び凸凹になってしまいます。ふたたび乾くと元に戻りますが、水張りをしていない場合凸凹は残ります。

≪  3.線画の印刷  |  4.(アナログ制作)水張り  |  5.(アナログ制作)線画の描き足し  ≫

作者プロフィール:一紅(カヅコ)  (サイトURL:http://www7.ocn.ne.jp/~amazon-s/top.html

主にアナログとデジタルを融合した少女イラストを描いています。

このコンテンツを評価してください

コメント
コメントはありません
人気のタグ

クリッピングフォルダ クリスタ トレースする 枠取り 塗り残し 乗算 写真のトレース 筆圧 ぶれないペン コピペ 線画の取り込み トンボ 保存 RGBAカラー 設定を変更 PNG 指定の形式で保存 ズバッと解決!図解探偵 IllustStudio 色の設定 レイヤープロパティ パレットカラー テクスチャ 線画 CMYK 選択範囲の反転 選択範囲 色塗り 仕上げ パターンブラシ メイキング(feat.クリエイター) 人気絵師 イラスタ えるぽ マスク フィルタレイヤー 色相・彩度・明度 グラデーション ブラシ クリッピングレイヤー クリッピング ツール設定 スポイト 読み込み スキャン レイヤーカラー レイヤーカラーを使用する 初心者 パソコンにインストール ソフトを使う準備 テキスト 画面操作 描画負荷グラフ 色の調整 合成モード 装飾 塗りつぶし オリジナル素材の作成 画像データの読み込み アナログ併用 2値 フィルタ 下塗り 鉛筆 水彩 ざいん 質感 陰影 厚塗り メイキング(feat.テーマ) 選択範囲の作成 マジックワンド 消しゴム 移動と変形 レイヤーマスク くちびる パース定規 投げなわ選択 レイヤー フチ ウィンドウレイアウトを初期化 下描き 色作成 筆ペン 反転 バリュー版 はじめての準備ナビ レッスンファイル さっそく描いてみよう さっそく使ってみよう 現在の選択から削除 選択範囲の追加 キャンバスサイズの変更 アナログ アサバ 初期化起動 ツールのサイズ パース ラフ