5.(アナログ制作)線画の描き足し

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/29    作家 : 一紅(カヅコ)
閲覧数 : 5905回 総合評価 : 0件

大まかな手順としては<
線の描き足し→ベースを塗る→線の着色→全体の着色という順番で描いていきます。

アナログの制作には主に、こちらの画材を使用します。

①カランダッシュ スプラカラー色鉛筆(水溶性色鉛筆)
②シャープペンシル
③パイロット ハイテック
④カランダッシュ ネオカラーⅡ(水溶性パステル)
⑤さくら クレパス(白のみ)
⑥吉祥 顔彩

顔彩は、写真のように顔料がチューブではなく四角い皿の中に入っているので、そのまますぐに着色ができます。

洗う手間を省くというのもありますが、パレットや絵皿を使用して色を混ぜ合わせるなどはあまりせず、画材の色をそのまま紙の上にのせて色を混ぜることが多いので、パレットが不要な顔彩や、水溶性の色鉛筆・パステルをよく使います。

 

①主線を描き足す

先ず、シャープペンシルで線を描き足していきます。
描き足しは、細かい部分や、強調したいところなど、一部分のみで結構です。

同時に水彩色鉛筆での描き足しもします。

水彩色鉛筆は、葉は緑、人物の線は茶色など、部分ごとに色を使い分けると、後で水をかけて着色もできるので、便利です。

描く時は、筆圧は弱めにしてそのまま線をなぞる、斜めに傾けて描くなど、自由にアレンジして描いていきます。

ひととおり線画を描き足した後、ぼかしたい部分に水を含ませた筆で塗り、柔らかい雰囲気を出します。

 

②全体にベースカラーをのせる

水彩色鉛筆で描き足した線のぼかしと同時進行で、全体の色合いを落ち着かせるために、下地に顔彩(山吹)をうすくランダムに塗っていきます。

線画となじませるため、水彩色鉛筆で描いた部分も一緒に塗り広げます。
この色をベースに他の色を乗せていくので、薄く塗る程度で結構です。

薄く筆で塗っていくと当時に、背景に表情をつけるため、スパッタリングで色を散らしていきます。

スパッタリングの手法は、顔彩の他水彩色鉛筆など色々な画材でも使います。

POINT

スパッタリングとは

筆などのブラシを使って、作品の表面に絵の具のしぶきを飛ばす技法です。

 
 

③ハイテックで線をにじませる

色が定着し、全体が少し乾いてきたら、その上に再び水を塗り、ハイテックで線を柔らかくなぞり、線をにじませます。
紙が水でもろくなっているので、あまり筆圧を強くすると紙の繊維が壊れ、跡が残ってしまうので、

ボールペンの中のボールを転がしてインクを出すようなイメージで線を描いていきます。

にじみを広げたい場合は、水をかけるか、指でトントンと優しくたたきます。

使用するハイテックの色は、部分によって変えていきます。

例えば、蓮の花には、先ほど使用した色とは別の乾くとピンクに近い色になるブラウンを塗り、ベースを作ります。

ハイテック_花_着色.jpg

ハイテック_花_着色2.JPG

人物の線を描いた時と同様の手順ですが、ブラウンの色合いは少し濃く、色が強く出るので、シルエットを描く程度であまり塗りすぎないようにします。

ハイテック_花_着色直後.jpg

ちなみに、ハイテックは主にこちらの3色を使っています。

・ブラウン
・くりかわ
・ブラック

別の紙でテストをしてみました

線画色_文字.jpg

水にぬらす前と、後では色合いが全く違って様々な色が混ざっているのがよくわかります。

このペンに限らず、水性ペンは、水でにじませると、色々な表情が出て面白いので、どの色合いが自分に合うか試してから使いましょう。

 
≪  4.(アナログ制作)水張り  |  5.(アナログ制作)線画の描き足し  |  6.(アナログ制作)全体の着色  ≫

作者プロフィール:一紅(カヅコ)  (サイトURL:http://www7.ocn.ne.jp/~amazon-s/top.html

主にアナログとデジタルを融合した少女イラストを描いています。

このコンテンツを評価してください

コメント
コメントはありません
人気のタグ

グリザイユ クリッピングフォルダ クリスタ トレースする 枠取り 塗り残し 乗算 写真のトレース 筆圧 ぶれないペン コピペ 線画の取り込み トンボ 保存 RGBAカラー 設定を変更 PNG 指定の形式で保存 ズバッと解決!図解探偵 IllustStudio 色の設定 レイヤープロパティ パレットカラー テクスチャ 線画 CMYK 選択範囲の反転 選択範囲 色塗り 仕上げ パターンブラシ メイキング(feat.クリエイター) 人気絵師 イラスタ えるぽ マスク フィルタレイヤー 色相・彩度・明度 グラデーション ブラシ クリッピングレイヤー クリッピング ツール設定 スポイト 読み込み スキャン レイヤーカラー レイヤーカラーを使用する 初心者 パソコンにインストール ソフトを使う準備 テキスト 画面操作 描画負荷グラフ 色の調整 合成モード 装飾 塗りつぶし オリジナル素材の作成 画像データの読み込み アナログ併用 2値 フィルタ 下塗り 鉛筆 水彩 ざいん 質感 陰影 厚塗り メイキング(feat.テーマ) 選択範囲の作成 マジックワンド 消しゴム 移動と変形 レイヤーマスク くちびる パース定規 投げなわ選択 レイヤー フチ ウィンドウレイアウトを初期化 下描き 色作成 筆ペン 反転 バリュー版 はじめての準備ナビ レッスンファイル さっそく描いてみよう さっそく使ってみよう 現在の選択から削除 選択範囲の追加 キャンバスサイズの変更 アナログ アサバ 初期化起動 ツールのサイズ パース