提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30    作家 : えるぽ
閲覧数 : 7949回 総合評価 : 3件

質感の強化-肉

描き足しを行い、質感を高めていきます。

まずはメイン料理である肉に手を入れていきます。
現在の肉です。 いろいろ足りないのですが、まず肉にしてはつるんとして
綺麗すぎますので、そこに手を入れます。



筋、割れ目、表面の凹凸等を描き入れ、切り口の角を曖昧になじませました。
特に、脂身と赤身の間は、分離した感じに線を入れるとリアリティが増します。


次に、新しいパターンブラシを用意しました。このような設定で、「しましま」と名付けました。
作成したブラシで描くと、描画見本のようになります。


細かいラインが複数一度に入る感じですが、これを肉の断面図に使用します。
ナイフでぎこぎこ切り落とした跡をつけたかったのです。
手前の切り口にも微妙に線を入れておきます。


次は肉表面の焦げや照りを描いていくのですが、またパターンブラシを3つ作ります。
焦げ用に用意したブラシ、「こなこな2」。


照り用に用意したブラシ1つ目、「こなこな」。


照り用に用意したブラシ2つ目、「まばらこな」。


そろそろブラシのネーミングがイイカゲンなことがバレてきそうですが、せっかく作ったので今後も常用したいなぁということで
汎用さを求めたネーミングです!では塗っていきます。

ちょっと肉表面の一部を拡大して見てみましょう。現在の状態です。


ちょっと解りづらいですが、焦げ用ブラシ「こなこな2」で盛り上がっている部分に焦げをつけていきます。


1つ目の照り用ブラシ「こなこな」を使って、盛り上がり部分から凹みにかけて色を散らします。
ちなみに照りと言っているのは、油の溜まり部分や、反射している部分です。


照り用2つ目のブラシ「まばらこな」で、凸部分の反射を入れます。


肉の質感が出てきましたので、他の料理や食器にも手を入れていきます。


≪  9.料理の質感(1)  |  10.料理の質感(2)  |  11.料理の質感(3)  ≫

作者プロフィール:えるぽ  (サイトURL:http://www.pixiv.net/member.php?id=199688

食べ物をいかに美味しく描くかが人生の命題です。普段は別名義でイラストレーターやっています。

このコンテンツを評価してください

コメント
コメントはありません
人気のタグ

グリザイユ クリッピングフォルダ クリスタ トレースする 枠取り 塗り残し 乗算 写真のトレース 筆圧 ぶれないペン コピペ 線画の取り込み トンボ 保存 RGBAカラー 設定を変更 PNG 指定の形式で保存 ズバッと解決!図解探偵 IllustStudio 色の設定 レイヤープロパティ パレットカラー テクスチャ 線画 CMYK 選択範囲の反転 選択範囲 色塗り 仕上げ パターンブラシ メイキング(feat.クリエイター) 人気絵師 イラスタ えるぽ マスク フィルタレイヤー 色相・彩度・明度 グラデーション ブラシ クリッピングレイヤー クリッピング ツール設定 スポイト 読み込み スキャン レイヤーカラー レイヤーカラーを使用する 初心者 パソコンにインストール ソフトを使う準備 テキスト 画面操作 描画負荷グラフ 色の調整 合成モード 装飾 塗りつぶし オリジナル素材の作成 画像データの読み込み アナログ併用 2値 フィルタ 下塗り 鉛筆 水彩 ざいん 質感 陰影 厚塗り メイキング(feat.テーマ) 選択範囲の作成 マジックワンド 消しゴム 移動と変形 レイヤーマスク くちびる パース定規 投げなわ選択 レイヤー フチ ウィンドウレイアウトを初期化 下描き 色作成 筆ペン 反転 バリュー版 はじめての準備ナビ レッスンファイル さっそく描いてみよう さっそく使ってみよう 現在の選択から削除 選択範囲の追加 キャンバスサイズの変更 アナログ アサバ 初期化起動 ツールのサイズ パース