提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30    作家 : ざいん
閲覧数 : 15961回 総合評価 : 0件

旗に貼る素材画像を作る

下図の赤枠に柄を入れたいと思います。


[パターンブラシ]ツールのツールセットから、「花(梅)」と「炎」を組み合わせて、旗に貼る素材画像を作ります。

  


1.素材画像用のキャンバスを作成する

素材画像を作成するための新規のキャンバスを用意するのですが、キャンバスサイズに悩まないために下記の手順で作業します。

(1)[矩形選択]ツールを選択し、素材画像を貼るあたりに少し大きめの選択範囲を作成します。


(2)[レイヤー]パレットから「塗り」レイヤーを選択し、[編集]メニューから[コピー]を選択します。


(3)[ファイル]メニュー→[新規作成]を選択します。


(4)表示された[新規作成]ダイアログにはすでに先ほどコピーした画像の大きさの[幅]と[高さ]が入力されています。[ファイル名]にわかりやすい名前を入力し[OK]をクリックします。

この方法でキャンバスを作成すると、素材の元サイズを迷うことなく作業できます。

POINT

コピーした画像の大きさでキャンバスサイズが決まる!?

選択範囲をどれだけ大きく作成してもコピーした画像が小さければ、[新規作成]ダイアログであらかじめ入力されているキャンバスの大きさは小さくなってしまいます。

例えば下図のように「小」しか描かれていないレイヤーを選択し、キャンバス全体をコピーします。

[ファイル]メニューから[新規作成]を選択し[新規作成]ダイアログを開くと、「小」の画像サイズである[幅][高さ]が入力されています。


これが完成した素材画像の原寸です。2値化したとき輪郭にジャギーが発生するため、気になる場合はもう少し大きく作ってもいいのですが、今回は後からブラシで塗り直したりするので、この程度で大丈夫でしょう。


この素材の作成方法は下記になります。

2.炎の作成方法

炎をきれいな円形に描くため、正円を下書きして描きました。

(1)[図形]ツールのツールセットで [楕円(線)]を選択します。


(2)[Shift]キーを押しながらキャンバスの中心あたりからドラッグし正円を描きます。


(3)レイヤーを新規作成し、正円をあたりに[パターンブラシ]ツールのツールセット「炎」で円を描きます。


3.花の作成方法

花は素材をただ二つ重ねるだけでなく、重なり具合を見ながら必要な個所に白フチを付けました。

(1)[パターンブラシ]ツールを選択し、ツールセット「花(梅)」を選択します。


(2)[ブラシサイズ]を460ほどに設定します。


(3)レイヤーを新規作成し、描画します。


(4)[編集]メニューから[移動と変形]→[回転]を選択します。


(5)ガイド線の外側をドラッグして回転、内側をドラッグして移動します。


(6)[レイヤー]メニューから[レイヤーの複製]を選択し、梅を描いたレイヤーを複製します。


(7)先ほどと同じように、[編集]メニューから[移動と変形]→[回転]を選択します。


(8)[移動と変形プロパティ]パレットの[絶対値]に「-180」と入力し、下図のよう梅の柄を配置します。


(9)[消しゴム]ツールのツールセット「硬め」で、それぞれの枝の長さや形状、梅の周りの炎を消しながら調節します。


ここから2値化するのですが、花の中心の点々は黄色いままだと2値化が上手くいかなかったので、白で塗りつぶしました。


4.素材の2値化と白の透明化

各レイヤーに描かれた画像を統合して、1枚の画像にします。

まずいらないレイヤーを削除します。

(1)炎の下書きに使ったレイヤーを選択し、[レイヤー削除]ボタンをクリックし削除します。


(2)[レイヤー]パレットで右クリックし、メニューから[レイヤーをすべて統合]を選択します。


(3)[フィルタ]メニュー→[2値化]を選択し、モノクロ2階調にします。

線画の時と同じ方法で白い部分を透明化します。


(4)[レイヤー]パレットで素材画像のレイヤーを右クリックし、メニューから[レイヤーの変換]を選択します。


(5)[レイヤーの変換]ダイアログが表示されます。[表現色]を「グレー(8bit)」に変更し、最後に[OK]をクリックします。

白い部分が透明化された画像が新規レイヤーで作成されます。

作者プロフィール:ざいん  (サイトURL:http://777nnn.jugem.jp/

東京在住。最新の仕事は「死ぬのがこわくなくなる話」(渡辺浩弐・著/星海社FICTIONS)挿絵。 彩度の高い色が好きです。

コメント
コメントはありません