10.全体にテクスチャを貼る

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30    作家 : ざいん
閲覧数 : 41344回 総合評価 : 4件

全体にテクスチャを貼る

質感の調整のため、全体に貼るテクスチャを2種類作成しました。

1.自作テクスチャ①

元となったテクスチャです。水彩絵具で自作したものです。


(1)[ファイル]メニュー→[読み込み]→[スキャン]を選択し、テクスチャ画像をレイヤーとして読み込みます。


(2)[フィルタ]メニュー→[色相・彩度・明度]を選択し、ダイアログの色相と明度を調整して、紫系の色味にします。


(3)さらに[フィルタ]メニュー→[階調反転]を選択し、以下のようなグリーン系のテクスチャを作成します。


(4)レイヤーの合成モードを[乗算]、[不透明度]を48%に設定します。

レイヤー名を「テクスチャ(乗算)」に変更し、レイヤーを一番上に配置しました。


ちょっと見難いですが、右上の旗の部分など質感が加わったのがわかります。

全体としてやや暗く重い色味になりますが、後から色調整する事を考えると、このぐらい重めの色の方が丁度良い気がします。


2.自作テクスチャ②

さらにもう一つ、水彩絵の具で自作したテクスチャです。

(1)[ファイル]メニュー→[読み込み]→[スキャン]を選択し、テクスチャ画像をレイヤーとして読み込みます。

これも線画作成の時と同じ手順で白い部分を透明化します。


(2)[レイヤー]パレットで素材画像のレイヤーを右クリックし、メニューから[レイヤーの変換]を選択すると[レイヤーの変換]ダイアログが表示されます。[表現色]を「グレー(8bit)」に変更し、最後に[OK]をクリックします。


(3)白い部分が透明化された画像が新規レイヤーで作成された後、[塗りつぶし]ツールで緑色にします。今回は[カラー]パレットで下図の色を選択しました。


(4)[塗りつぶし]ツールの[ツールセット]パレットで[編集レイヤーのみ参照]を選択し、[隣接ピクセルをたどる]をオフにします。


黒い飛沫の部分をクリックすると飛沫だけが塗りつぶされます。うまくいかない場合は[ツールセット]パレットで[色の許容誤差]を調整してみてください。

(5)レイヤーの合成モードを[加算]にします。

レイヤー名を「テクスチャ(加算)」に変更し、レイヤーを一番上に配置しました。


余計な部分を消して以下のようになります。

ここまでのレイヤー。線画が強い気がしたので、不透明度を79%まで落としました。

次回は、全体を仕上げて完成です。

≪  9.素材画像を貼り付ける  |  10.全体にテクスチャを貼る  |  11.描き足し、色の補正  ≫

作者プロフィール:ざいん  (サイトURL:http://777nnn.jugem.jp/

東京在住。最新の仕事は「死ぬのがこわくなくなる話」(渡辺浩弐・著/星海社FICTIONS)挿絵。 彩度の高い色が好きです。

このコンテンツを評価してください

コメント
コメントはありません
人気のタグ

グリザイユ クリッピングフォルダ クリスタ トレースする 枠取り 塗り残し 乗算 写真のトレース 筆圧 ぶれないペン コピペ 線画の取り込み トンボ 保存 RGBAカラー 設定を変更 PNG 指定の形式で保存 ズバッと解決!図解探偵 IllustStudio 色の設定 レイヤープロパティ パレットカラー テクスチャ 線画 CMYK 選択範囲の反転 選択範囲 色塗り 仕上げ パターンブラシ メイキング(feat.クリエイター) 人気絵師 イラスタ えるぽ マスク フィルタレイヤー 色相・彩度・明度 グラデーション ブラシ クリッピングレイヤー クリッピング ツール設定 スポイト 読み込み スキャン レイヤーカラー レイヤーカラーを使用する 初心者 パソコンにインストール ソフトを使う準備 テキスト 画面操作 描画負荷グラフ 色の調整 合成モード 装飾 塗りつぶし オリジナル素材の作成 画像データの読み込み アナログ併用 2値 フィルタ 下塗り 鉛筆 水彩 ざいん 質感 陰影 厚塗り メイキング(feat.テーマ) 選択範囲の作成 マジックワンド 消しゴム 移動と変形 レイヤーマスク くちびる パース定規 投げなわ選択 レイヤー フチ ウィンドウレイアウトを初期化 下描き 色作成 筆ペン 反転 バリュー版 はじめての準備ナビ レッスンファイル さっそく描いてみよう さっそく使ってみよう 現在の選択から削除 選択範囲の追加 キャンバスサイズの変更 アナログ アサバ 初期化起動 ツールのサイズ パース