QUMARIONとの連携

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 11484回 総合評価 : 0件

六角大王Super6 for CLIPで作成したモデルに、QUMARIONを接続してポーズを作成するまで工程を解説します。


今回のサンプルデータです。

・サンプルデータ sample_qumarion.zip

※当サンプルデータに関するユーザー様へのサポートは行っておりません。
※サンプルとして提供する3Dモデルデータの転載、再配布は禁止します。


目次

[1]QUMARIONの接続
[2]サンプルモデルの読み込み
[3]マッピング設定
[4]QUMARIONとモデルの連動




[1]QUMARIONの接続

(1)六角大王Super6 for CLIPを起動する前に、PCとQUMARIONを接続しておきます。USBケーブルがしっかりと接続している事を確認してください。



  

[2]サンプルモデルの読み込み

(1)六角大王を立ち上げ、[ファイル]→[開く]を選択します。[ファイルを開く]ダイアログが表示されますので、今回のサンプルデータ「sample_qumarion.6KT」を選択して[開く]ボタンをクリックします。


(2)「sample_qumarion.6KT」がステージに読みこまれました。


(3)QUMARIONの接続を正確に行うためには、現状のモデルの腕の角度を下図右側のように、水平に開く修正を行う必要があります。
※下記のモデルでは問題がありませんが、足が垂直になっていないモデルの場合は足を垂直にする修正を行う必要があります。


(4)まず[ツールウィンドウ]内の[頂点選択/回転ツール]を選択します。


(5)[頂点選択/回転ツール]が選択されている事を確認した上で、モデル右上腕あたりをクリックして画面左上へドラッグします。


(6)同様に[頂点選択/回転ツール]が選択されている事を確認した上で、モデル左上腕あたりをクリックして画面右上へドラッグします。


 

POINT [角度設定]パネル

[角度設定]パネルは、使用頻度が非常に高いパネルとなりますので、簡単に解説していきます。


①現在の視点の位置を示しています。
②[吸着]にチェックを入れると、下図赤枠に①が近づいた場合、吸着します。


③スライダを動かす事で、視点の遠近を調整できます。
④視点のレンズを変更することができます。

 

 

(7)モデルの準備が完了しました。



  

[3]マッピング設定

今回読み込んだモデルのボーン構造は、六角大王標準ボーンではないので、そのままの状態ではQUMARIONを接続することができません。 QUMARIONを接続するためには[マッピング設定]を行う必要があります。
※1 六角大王標準ボーンとは、六角大王Superやさし絵スタジオのライブラリ素材に収録されている人物と同じ内部構成の骨組みを持った3Dモデルのことです。
※2 ボーンの構成、形状によりQUMARIONで正しく操作できないことがあります。

(1)上部メニューの[骨組み]→[QUMARIONの操作]→[マッピング設定]を選択します。


(2) [QUMARION利用時の注意]ダイアログが表示されますが、[2]サンプルモデルの読み込み にて腕の角度は修正されていますので問題ありません。[OK]ボタンをクリックします。


(3) [標準ボーンマッピング]ダイアログが表示されます。画面右のモデルが現状のモデルのボーン、画面左のモデルがこれからマッピングされるセルシス標準ボーンとなります。右側のモデルの足元が見えなくなっているので、[右クリック]を行いながらマウスを画面上部に移動させて視点を修正します。


 

POINT [標準ボーンマッピング]ダイアログ内の視点の操作に関して

視点の上下左右の移動

[マウスホイール]+[マウス操作]


視点の前後の移動

キャラクターの領域外で [右クリック]+[マウス操作]


視点の回転

キャラクターの領域外で [クリック]+[マウス操作]


 

 

(4)テキストの指示に合わせて画面右に配置されているモデルの頭のボーンを[右クリック]にて選択します。


(5)続いてテキストの指示に合わせて、右腕を[右クリック]にて選択します。


(6)続いてテキストの指示に合わせて、左腕を[右クリック]にて選択します。


(7)続いてテキストの指示に合わせて、右足を[右クリック]にて選択します。


(8)続いてテキストの指示に合わせて、左足を[右クリック]にて選択します。


(9)ボーングループの設定は完了しました。[設定終了]ボタンをクリックしてマッピング設定をモデルへ適用します。
ボーンの選択が正しく行えなかった場合は、[キャンセル]ボタンをクリックして [3]マッピング設定(1) の工程に戻り、再度設定をやりなおします。



  

[4]QUMARIONとモデルの連動

(1)上部メニューの[骨組み]→[QUMARIONの操作]→[連動開始]を選択します。


(2)[QUMARIONを適用中]ダイアログが表示され、QUMARIONとモデルの連動が開始されます。[QUMARIONを適用中]ダイアログ内にて[QUMARIONの加速度センサーを利用]のON/OFFを切り替えることができます。


(3)ポーズが決定したら、[QUMARIONを適用中]ダイアログの[OK]ボタンをクリックします。


(4)ポーズ付けが完了しました。


  
コメント
コメントはありません