クリエイターズ・ノート > Live2D用のデータをCLIP …

Live2D用のデータをCLIP STUDIO PAINTで作る

最近のコンテンツはLive2Dなどでイラストを動かす機会も多くなってきましたね。
皆さんはLive2D素材を作る時に、苦戦した経験はございませんでしょうか?
パーツはどのくらい細かく分けるのか…? 塗り足しはどこまですればいいのか…?

そこで!この講座ではLive2D用にどうパーツを分けたらいいか、CLIP STUDIO PAINTを使ってご紹介します!

作者プロフィール : テクノアート株式会社 東京事業所 (http://technoart-tokyo.com/)

テクノアート株式会社 東京事業所は、イラスト制作を中心としたデジタルコンテンツ総合デザイン会社です。
プロのディレクター、デザイナーが御社のご要望を実現します!

デザインのことでお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください!

http://technoart-tokyo.com/contact/
最初 前へ 1 次へ
提供者 : セルシス    更新日 : 2017/11/28    作家 : テクノアート株式会社 東京事業所
イラストレーターさんによく使われているCLIP STUDIO PAINTを使って、Live2D用のパーツの分け方をご紹介します!
閲覧数 : 2633回 総合評価 : 5件
提供者 : セルシス    更新日 : 2017/12/06    作家 : テクノアート株式会社 東京事業所
後編では、パーツの描き足しについて解説をしていきます。
閲覧数 : 1303回 総合評価 : 2件
最初 前へ 1 次へ
≪  工学社書籍立ち読み  |  Live2D用のデータをCLIP STUDIO…  |  シリウス「クリスタとわたし」  ≫