3.パターンブラシでキラキラ効果

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 12303回 総合評価 : 3件

トーン素材を作ろう! -その4-効果

[3]パターンブラシでキラキラ効果

キラキラ効果をパターンブラシで描きます。

キラキラ効果の基画像を用意します。今回使った画像は下の2点です。

上図2点をそれぞれパターンブラシに登録します。


※作例で使用したパターンブラシの設定

上のパターンブラシを使いキラキラ効果を描きます。

(1)新規レイヤー「カラー(32bit)」を作成します。

(2)描画色「白」を選択し、上記ツールセットを使い描画します。
このとき、描画したパターンが用紙からはみ出さないように描画します。

(3)キラキラを描画したレイヤーの画像を、前項と同様の手順で上下左右の画像を入れ替えます。

(4)[パターンブラシ]ツールでパターンが用紙からはみ出さないように真ん中あたりを描画します。

(5) (3)と(4)の工程を繰り返し、違和感なく仕上げ、パターン基画像の完成です。

後は画像をグレーで書き出し、トーン登録すればトーンとして使用できます。

画像をトーンに登録する方法は『CLIP 活用講座』→『トーン素材を作ろう』→『1.基本編』→『[2]画像をトーンとして登録』 を参照にしてください。

コメント
コメントはありません