CLIP STUDIO PAINT 使い… > メイキング > 餅田むぅ > 4.カラーマンガの色塗り(…

4.カラーマンガの色塗り(下塗り)とトーン

提供者 : セルシス    更新日 : 2018/12/05    作家 : 餅田むぅ
閲覧数 : 8435回 総合評価 : 3件
使用したバージョン:CLIP STUDIO PAINT Ver.1.5.3

前回まででひと通りのペン入れが終わったので、着色していきます。

[1]ベース色の着色
[2]素材を貼る

[1]ベース色の着色

(1)「枠線」フォルダーの下に新規レイヤーフォルダーを作り、フォルダー名を「着色」にします。
「着色」フォルダー内にレイヤーを作って、そこで着色していきます。

新規ラスターレイヤーを作成してレイヤー名を「肌色」にし、このレイヤー上で肌の部分を[塗りつぶし]ツールの[他レイヤーを参照]サブツールで塗りつぶしていきます。

塗りつぶせなかったりはみ出したりした部分は[マーカー]や[消しゴム]で調整しています。

[他レイヤーを参照]サブツールの[ツールプロパティ]設定は、全体的に初期状態よりも数値を大きくしています。
また、線画をベクターレイヤーで描いているので、[ベクターの中心線で塗り止まる]にチェックを入れています。

※[塗りつぶし]ツールについて詳しくは、機能解説!トラの巻「塗りつぶしツールを使いこなす①基本編]を参照してください。

(2)「着色」フォルダー内でパーツごとにレイヤーを作り、どんどん色分けしていきます。
着色はコマで分けず、キャラクターの髪などのパーツごとにまとめて塗っています。

後で色の変更をしやすいように、レイヤーは細かく分けました。

[2]集中線素材を貼る

(1)3コマ目に集中線素材を貼ります。
最初に、[自動選択]ツール→[他レイヤーを参照選択]でトーンを貼りたい部分の選択範囲を作成します。

(2)今回は[素材]パレットの中の[単色パターン]→「効果・心情」フォルダに入っている「グラデフラッシュ」を使います。
トーンを選択しキャンバスの貼りたい場所にドラッグ&ドロップで貼り付けます。

ドラッグ&ドロップすると、選択範囲外が自動的にマスクされた状態で貼り付けられます。

(3)コマに貼り付けた素材の位置を[オブジェクト]ツールを使って調整をします。
素材の隅にあるハンドルや[ツールプロパティ]パレットを操作して大きさや位置を調整します。

(4)位置や大きさが決まったら、トーンレイヤーの右にあるレイヤーマスク (下図赤枠)のサムネイルを選択し 、不要な部分を[消しゴム]ツールで消します。

(5)(1)で髪の隙間がうまく選択されておらず貼り残されていたため、(4)と反対にレイヤーマスクを選択した状態で[塗りつぶし]ツールで塗って素材を表示させます。

ついでに、上の汗の部分のトーンを[消しゴム]ツールで消して白く抜きました。

(6)最後に、この集中線素材の色を変更します。[レイヤープロパティ]パレットの[レイヤーカラー]をクリックします。

素材の色が変わりました。このままでは初期設定の水色になっているため色を変更します。

描画色のメインカラーに好きな色を選択した状態で[レイヤーカラー]の横にある色の枠をクリックし、色を適用します。

青色からオレンジ色に変更できました。素材レイヤーは「着色」フォルダーの一番上に移動しておきます。

(7)同じ様に1コマ目の効果線の色も変更します。「枠線」フォルダーに入っている「効果」レイヤーを選んで[レイヤーカラー]を変更します。

次回は、着色の追加と枠線の調整を行います。

作者プロフィール:餅田むぅ  (サイトURL:http://mcmt03.jugem.jp/

男の子や女の子を描くのが好きです。公式アンソロジーなどで漫画描かせて頂く こともあります。

コメント
コメントはありません