水曜日:トーンを貼る

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 13083回 総合評価 : 2件

[1]選択範囲を作ってトーンを貼る
[2]トーンを貼る/応用編

 

[1]選択範囲を作ってトーンを貼る

アナログでトーンを貼る時に、大体この辺に貼りたい…という大きさを切って貼り付けをしていました。その作業を「選択範囲」で簡単にできます!トーンを貼るときに便利な存在です。使い方を覚えておきましょう。

 

■選択範囲とトーンの関係

まずトーンを貼るときの基本的な流れを紹介します。

[矩形選択]ツールなどで選択範囲を作ります。破線が表示されて、どこが選択範囲に設定されているか判るようになっています。

 

[素材]パレットから必要なトーンを選んで選択範囲を作った場所にドラッグ&ドロップします。

 

[レイヤー]パレットに[トーンレイヤー]が作成され、選択範囲の場所にトーンが貼られます。
トーンを貼るときに選択範囲を利用することが判りますね。
また、貼った柄には一つずつレイヤーが作成されますので、重ね貼りをしても紙を傷めずに簡単に元に戻せます。

 

■トーンを貼るための選択範囲を作る!

トーンを貼るには「選択範囲」が重要です。火曜日に覚えた「ベタ塗り」と同じ要領で選択範囲を作る方法を紹介します。

[レイヤー]パレットにある[選択範囲]のカテゴリを示すバーの上に[クイックマスクを使用]というボタンがあります。
このボタンをONにするとComicStudioは「クイックマスクモード」に移行します。これは、絵を描くのと同じ感覚で範囲選択を作成できる機能です。

 

クイックマスクモードでは、[レイヤー]パレット上に[クイックマスクレイヤー]が表示されて、他のレイヤーでは一切の操作ができなくなります。
この状態でも[ペン]ツールや[消しゴム]ツール、[塗りつぶし]ツールなどで絵を描くことができるようになっています。

 

[クイックマスクを解除]ボタンをクリックすると解除されて、クイックマスクモード中に[塗りつぶし]ツールやペンツールで描いた形がそのまま選択範囲として指定されます。

 

■クイックマスクの使い方

実際にクイックマスクを使って、選択範囲を作ってみましょう。
線で閉じられている場所は[塗りつぶし]ツールを使います。

(1)[塗りつぶし]ツールを選択します。

 

(2)[ツールオプション]パレットの[ツール設定メニュー]から「レイヤー複数参照」を選択しておくことを忘れずに。

 

(3)[レイヤー]パレットの[クイックマスクを使用]ボタンをクリックします。

 

(4)選択範囲を作成したい個所をクリックし塗りつぶします。

 

細かな塗り残しは[閉領域フィル]ツールなども活用して、ベタ塗りの時と同じ要領で塗りつぶします。

 

大きく線が途切れている様な場合は[ペン]ツールと[塗りつぶし]ツールを組み合わせて。

 

(5)すべて塗りつぶせたら[クイックマスクを解除]ボタンをクリックすると、塗りつぶした場所が選択範囲に変換されます。

 

作成した選択範囲にトーンをドラッグ&ドロップすれば、トーン貼りが完了です。この方法だと「ベタ塗り」の手順さえ覚えておけば、トーンにも簡単に応用できますね。

POINT

選択範囲が作成されていると、範囲内でしかペン入れなどの操作ができなくなってしまいます。選択範囲を作成して、その後のトーン貼りなどの作業が終わったら必ず[選択]メニューから[選択を解除]を選んで、選択範囲を解除しておきましょう!

クイックマスクの詳しい使い方はこちら
機能解説!トラの巻「クイックマスクを使いこなす

 

[2]トーンを貼る/応用編

トーンを貼り足したり、貼り替えたり、便利な使い方も紹介します。

■トーンレイヤーを使って…

選択範囲を作成して、[素材]パレットから素材アイコンをドラッグ&ドロップでトーンを貼り付けるごとに、[レイヤー]パレットに[トーンレイヤー]が新しく作られます。

 

同じ種類のトーンを貼りたいときは、[トーンレイヤー]を選んで[塗りつぶし]ツールや[ペン]ツールを使って貼り足すことができます。もちろん[消しゴム]ツールなども使えますよ!

 

選択範囲を作ってトーンを貼りたい時は、選択範囲を準備して[編集]メニューから[描画色で選択範囲を塗りつぶし]を選択します。

 

描画色に「黒」を選択していた場合、選択範囲内にトーンが貼られます。
描画色に「透明」を選択していた場合、選択範囲内のトーンが消えます。

 

レイヤーパレットで[トーンレイヤー]が準備されていれば、ベタを塗るときと同様にトーンを貼ることができてとても便利ですよ!

 

■トーンを貼った領域のの可視化

トーンの柄によってはどこまでトーンが貼られているのか判りにくいことがあります。

 

[プロパティ]パレットの[レイヤー]タブを選んで、[トーン領域]のチェックをONにすることで、トーンの貼られている領域が色つきで表示できます。

 

■トーン柄を入れ替える

一度貼ったトーンの柄は、後から入れ替えることができます。アナログ作業ではゼッタイにできない便利ワザです。

(1)[レイヤー]パレットで貼り替えたいトーンレイヤーを選択します。

 

(2)[素材]パレットから貼り替え後のレイヤーを選択します。

 

(3)[素材]パレットの[トーン貼り替え]ボタンをクリックすれば、トーンの貼られている場所は全く変わらずに柄だけが入れ替わります。

 

■トーンの設定を変える

[レイヤー]パレットで[トーンレイヤー]を選んでいる状態で、[プロパティ]パレットの[トーン]タブをクリックすると、トーンの設定を変えることができます。

 

[トーン]タブを選択した[プロパティ]パレットです。

 

[トーン柄を移動]を選んでトーン上をドラッグすると、柄が移動します。
わざと同じ種類の網点トーンを2枚重ねて貼り、後から[トーン柄の移動]で少しだけ網点の位置を調整して「トーンのずらし貼り」も可能です。

 

[プロパティ]パレットの[トーン]タブをクリックして、[トーン柄の移動]でドットを移動させてみました。

POINT

[レイヤー移動]ツールのオプション[トーンの操作]で[柄を移動]を指定して、レイヤーの柄を移動させることもできます。

コメント
コメントはありません