3.マンガ原稿の背景に使ってみよう

提供者 : セルシス    更新日 : 2017/02/16    作家 : アシスタント背景美塾
閲覧数 : 707回 総合評価 : 1件

背景をマンガ原稿に配置してみましょう。先にキャラクターが描いてあり、それに合わせて配置する方法です。トリミング、拡大縮小、配置などの加工ツールを駆使して画面作りをしていきます。

①キャラクターのアイレベルを探す

キャラクターのアイレベルがどこにあるのかを考えて、背景を合わせる上での指標にします。すでに人物が配置されている場合は、腰の位置から胸元のあたりと仮定します。

②背景素材のアイレベルを探す

背景のアイレベルを探してみましょう。  この背景の場合は一点透視に近いので、画面の中心にアイレベルがあることがわります。

③合成しよう

キャラクターが描かれているうしろに、背景を合成します。ただ合成しただけでは、人物と背景のアイレベルが合っていないことがわかります。  この例では、人物が大きすぎ、地面が本来あるべき位置より低くなっています。

④背景を調節しよう

キャラクターのアイレベルに合わせて、背景の位置を不自然にならない所に移動させます。さらに、このままでは背景がキャラの大きさに合っていないので、拡大して配置を調節してみました。

また、以下のように、背景線画の中から一部分だけをトリミングし、拡大して使うこともできます。構図を変えることで、絵の印象が変わってきます。

⑤完成です

人物と背景の位置が合ったら完成です。 自然な合成になるように拡大縮小や左右移動をして位置を調節します。

≪  2.描いた線画を加工しよう  |  3.マンガ原稿の背景に使ってみ…  |  4.パーツを組み合わせて背景を…  ≫

作者プロフィール:アシスタント背景美塾  (サイトURL:https://maedaxlabo.com/

「アシスタント背景美塾MAEDAX派」は、日本で一番有名?なマンガアシスタントMAEDAXが設立。 マンガ「背景」に特化した、背景に悩む方すべての方に向けた「実践型プロ志向 背景教室 」です。

このコンテンツを評価してください

コメント
コメントはありません