増結編 1.イメージする

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30    作家 : バーニア600
閲覧数 : 3266回 総合評価 : 2件

1.ラフの作画


塗る前に、再びラフによる大まかな彩色イメージを固めます。以後の行程に一本筋を通す重要な作業です。夕方なので太陽(=光源)の位置は低く、よって光の入射角度も浅くなります。ちなみに、同じ光彩でも青にすると、一気に朝になります。同じ水の音でも、高音を強調すると冷水に、低音を強調すると温水に聴こえる音響マジックと一緒です(ドーデモイイ)。

下絵


 

2.下描き~陰影イメージ


下絵を描き、基本的な陰影をイメージします。ポイントは、「陽が当たっているか当たってないか」の二択割り切り。光源がハッキリしているので、このぐらいザックリ行って問題ナシです。

下絵
 

作者プロフィール:バーニア600  (サイトURL:http://sakuradima.harisen.jp/

イラストレーター。サークル「さくらぢま」所属。最近の代表作にDVD『EXIT TUNES PRESENTS pixivの殿堂』ジャケットイラストなど。自転車の発電ライトの音が、国鉄型電車のモーター音に聴こえてならない鉄道マニア。

コメント
翠河 2014/04/01 22:52
勉強になります