提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/29    作家 : 加藤アカツキ(かとうあかつき)
閲覧数 : 4508回 総合評価 : 0件

ペン入れを終えたら着彩です。
その前に、まずは全体の配色を決めるためのカラーラフを作ります。

 

1.カラーラフの作成

描画ツールを[中芯]に変え、[ツールオプション]パレットで[硬さ]や[不透明度]をカスタマイズしてから、背景レイヤーにベタベタと配色していきます。

■作業手順
(1)カラーラフを塗るためのツールを設定します。
①[ツール]パレットで[鉛筆]ツールを選択します。
②[ツールセット]パレットにあるツールセット(あらかじめ用意されている設定)から[中芯]を選択し、[ツールオプション]で設定を調整します。
A:ブラシのサイズを調整します。左端にある縦線で最大値を設定したら、最小値をスライダーの右端にある三角形を、最大サイズの半分くらいの位置に移動します。大まかに色を塗るため、最大値を大きめに設定しておきます。
B:ブラシの不透明度を調整します。最小値を右端いっぱいまで移動して、不透明度が筆圧で変わらないようにします。
※スライダーの隣にある[影響元]を[筆圧なし]に設定しても同じです。
C:ブラシの硬さ(ペン先の周辺部の効果)を調整します。一番右のバーをクリックして硬さを最大値にします。
D:手ブレ補正をoffにします。インジケータの5つあるバーの一番左端をクリックします。左端は「0(ゼロ)」に設定されているため、手ブレ補正機能が「off」になります。


(2)「ペン入れ」レイヤーの下に、カラーラフ用のレイヤーを新規作成します。レイヤー名を「カラーラフ」に変えたら、(1)でカスタマイズした[中芯]で塗っていきます。

 

塗ってみて少し色味が違うかな?と思う部分があったら、[カラー]パレットから新たな色を探すのではなく、[マジックワンド]ツールなどでその部分の選択範囲を作り、[色相・彩度・明度]フィルタのスライダーで色を調整します。選択範囲を作りやすいように、ブラシの[硬さ]を最大にして塗っています。

 

2.塗り込みの準備

カラーラフが描けたら塗り込み作業に入りますが、その前に作業効率を考えて、線画を補完するレイヤーを作成しておきます。
レイヤーを1枚作成し、[塗りつぶし]ツールで一気に色を流し込みやすいように、線画の開いた部分を赤線でつないでおきます。

■作業手順
(1)「カラーラフ」レイヤーを一旦非表示にし、線画の補完用に新規レイヤーを作成して、レイヤー名を「つなぎ」に変更します。

 

(2)[鉛筆]ツールの[ツールセット]パレットから[濃芯]を選択し、「つなぎ」レイヤーに赤色で線画を補完する線を描いておきます。

 

作者プロフィール:加藤アカツキ(かとうあかつき)  (サイトURL:http://www.k3.dion.ne.jp/~zanzo/

静岡県浜松市出身。児童書などを中心に活躍するフリーイラストレーター。代表作は神永学「心霊探偵八雲」(文芸社)、宗田理「ぼくらシリーズ」(ポプラ社)など。自転車を題材とした作品の製作にも力を注いでいる。

コメント
コメントはありません