提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30    作家 : 緑川美帆(みどりかわみほ)
閲覧数 : 4091回 総合評価 : 0件

ラフと同じレイヤーに、ラフの線の上から直接線画を描いていきます。
描画色の[メインカラー]は、ラフよりも濃いグレーに設定して、資料を見つつ形を修正していきます。


1.体型の線画


今回のモチーフである「エオカルカリア」は、発表されたばかりで資料の少ない恐竜ですが、過去に発見されている「カルカロドントサウルス」に近い仲間とのことなので、体型はそちらを参考にしています。

 

大型でありながら、頭部は左右に薄く、ティラノサウルスよりもスレンダーで軽量な体型で復元されています。前肢は長く、鋭い爪のある3本の指を持っていたようです。

 

2.頭部の線画


頭部にはほとんど肉が付かないので、肉ではなく骨格を簡単に描きます。

 

3.バランス調整


全身骨格資料が見つからないので正確な所はわかりませんが、大型肉食恐竜にしては頭が小さいような気がしたので調整します。

(1)[投げなわ選択]ツールで頭部だけを選択範囲で囲みます。

 

(2)選択範囲の下に表示されている[選択範囲ランチャー]から[移動と変形]アイコンをクリックし、頭部を拡大します。
表示される赤いガイド線上にあるハンドル(□)をクリックして広げるようにドラッグすると拡大できます。
※[選択範囲ランチャー]が画面に表示されない場合は、[表示]→[選択範囲ランチャーの表示]を選択すると表示できます。

 

調整したら、キャンバス上をダブルクリックするか、または画面に表示されている[移動と変形]ダイアログの[OK]ボタンをクリックすると確定します。

 

4.全体の調整と線画の完成


先の工程で拡大したことにより、恐竜の顔の鼻先がキャンバスからはみ出したので、[編集]メニュー→[移動と変形]→[拡大・縮小]で全体を縮小して画面内に収めます。

位置を調整したら、[レイヤー]パレットの左上にある[新規レイヤー作成]アイコンをクリックし、新規レイヤーを作成します。

 

新しいレイヤーに、先ほどよりもさらに濃いグレーで線画を描き進め、肉付けします。

 

レイヤーはやり直す可能性のある作業の時に適宜増やし、確定ならば統合しています。

 

5.レイヤーの統合


レイヤーを統合するには、[レイヤー]パレット上で右クリックし、表示されるメニューから[レイヤーをすべて統合]を選択します。

(1)[レイヤー]パレットの左上にある[メニュー表示]をクリックして、表示されるメニューから[レイヤーをすべて統合]を選択します。

 

(2)レイヤーが統合され、1枚のレイヤーになりました。

 

POINT
[レイヤーの統合]を実行すると、[レイヤー]パレットの[用紙]タブにある「用紙」レイヤーで設定しているキャンバスカラーも統合されます。
透明部分を保持したままレイヤーを統合したい場合は、「用紙」レイヤーの左側にある「目」のマークをクリックし、マークが消えた状態(非表示)にしてから統合します。

 

線画が完成しました。

 

次は、影入れやグラデ彩色を使った線画の色変更の工程を解説します。

 

作者プロフィール:緑川美帆(みどりかわみほ)  (サイトURL:http://ldra.net/

生物イラストレーター。ドラゴンを中心に、ゲーム用モンスターデザインやトレーディングカード等で架空生物を描いています。古今実在の動物を描くのも好きです。

コメント
コメントはありません