提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30    作家 : 緑川美帆(みどりかわみほ)
閲覧数 : 2072回 総合評価 : 0件

1.背景の重ね塗り


(1)穴のあいた「背景のコピー」レイヤーの上に新規レイヤーを作成して、合成モードを[乗算]にし、レイヤー名も「乗算」にしておきます。

 

(2)この「乗算」レイヤーを選択した状態で右クリックメニューから[下のレイヤーでクリッピング]を選びます。
こうすると、「乗算」レイヤーにはクリッピング元になる「背景のコピー」レイヤーに描画されている部分だけが表示され、はみ出さずに描画できます。

 

(3)「乗算」レイヤーに、「1.ラフの作成」でカスタマイズした[濃芯]で色を塗り、背景色を濃くします。


(4)ある程度濃くなったら、右クリックメニューから[下のレイヤーに結合]を選択して、レイヤーを結合します。
クリッピングしたレイヤーを結合すると、表示されている状態のまま結合されます。

 

2.背景を描く前に


「背景のコピー」レイヤーに細かい描き込みをしていきます。その前に、レイヤーの透明部分を保護しておき、使用するペンをカスタマイズします。

 

■透明部分をロックする
細部を描き込む前に、穴のあいた恐竜部分(何も描画されていない透明部分)を保護しておきます。
「背景のコピー」レイヤーを選択した状態で、[レイヤー]パレットの上部にある[透明部分をロック]アイコンをクリックします。

 

■背景の描画用ペンのカスタマイズ
背景の細部を描くためのペンをカスタマイズします。

(1)[ツール]パレットから[ペン]ツールを選択し、[ツールセット]パレットから[G]ペンを選びます。
この[G]ペンを元にカスタマイズします。


(2)[G]をもう一度クリックしてツールオプションを表示させ、設定を変更します。[すべてのパラメータを表示する]をクリックし、隠れているパラメータを表示します。


A:ブラシサイズは描画に合わせて適宜調整します。
B:不透明度を「100」→「49」に変更します。
C:ブラシ形状を「円」→「多角形」に変更します。
D:多角形の形を編集します。アイコンをクリックすると[多角形の編集]ダイアログが表示されます。
E:ポイントの数を「3」→「4」に変更します。
F:4つの青■ポイントをドラッグして、図のような形に調整します。
G:手ブレ補正を「6」→「0」に変更します。


これで設定が完了です。このペンを、本講座内では[カリグラフィ]ペンと呼びます。

 

3.背景の細かい描写


(1)不透明度を下げた[カリグラフィ]ペンで背景の木の輪郭を描きます。
恐竜時代の木は、広葉樹が少なく、シダや裸子植物が主だったので、針葉樹林をイメージしています。

 

(2)地面も同じく[カリグラフィ]ペンで描きます。これで、背景の第一段階が完成です。
恐竜がメインなので、背景はシンプルにしています。

 

作者プロフィール:緑川美帆(みどりかわみほ)  (サイトURL:http://ldra.net/

生物イラストレーター。ドラゴンを中心に、ゲーム用モンスターデザインやトレーディングカード等で架空生物を描いています。古今実在の動物を描くのも好きです。

コメント
コメントはありません