提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30    作家 : 緑川美帆(みどりかわみほ)
閲覧数 : 1960回 総合評価 : 0件

背景も、もう少し加筆します。

(1)新規レイヤーを作成し、合成モードを[乗算]にしたら、穴のあいた「背景」レイヤーの上に重ね、右クリックメニューの[下のレイヤーにクリッピング]でクリッピングします。

 

(2)[鉛筆]ツールを選択します。ざらついた質感を出すための、新しい設定の[鉛筆]ツールを作成します。
[ツールセット]パレットの[新規ツールセット作成]ボタンをクリックして、[新規ツールセット]ダイアログを開き、[設定の名前]に[色鉛筆(コットン紙)]と入力し、[OK]をクリックします。


[ツールセット]パレット内の一番下に作成された[色鉛筆(コットン紙)]をクリックして[ツールオプション]を表示させ、設定を変更します。まず[すべてのパラメータを表示する]をクリックし、隠れているパラメータを表示します。

A:ブラシサイズは描画に合わせて適宜調整します。
B:ブラシ形状を「粗い鉛筆」に変更します。クリックするとブラシパターン一覧が表示されます。
C:クリックしてパターン素材集の一覧を開き、[ペン]を選択します。
D:「粗い鉛筆」を選択します。
E:向きの影響元を[ランダム]に設定します。
アイコンをクリックすると[多角形の編集]ダイアログが表示されます。
F:間隔を[狭い(低速)]に設定します。
G:質感の種類を「コットン」に設定します。クリックすると質感の一覧が表示されるので、[パターン読み込み]を選択します。
H:素材から「コットン」を選択し、[OK]をクリックします。
I:解像度を350に調整します。
J:効果の強さを30に調整します。
K:適用方法を[減算]に設定します。
L:クリックして[筆圧設定]ダイアログを開きます。
M:2つの青■ポイントをグラフの外へドラッグ&ドロップして削除し、右図のような形に調整し、[OK]をクリックします。


[色鉛筆(コットン紙)]で描くと、ざらついた質感が出ます。

 

(3)ブラシサイズを小さくし、木の幹などを加筆します。

 

(4)木の幹を描き終えたら、(1)で増やした[乗算]レイヤーを「背景」レイヤーに結合します。
レイヤーを結合すると、[透明部分をロック]が解除されてしまうので、再度設定しておきます。

(5)「背景」レイヤーに、木や地面などをさらに加筆します。

 

(6)最後に、一番上のレイヤー(恐竜のトゲを描いたレイヤー)に恐竜の足元の土を描いて、接地した足を地面にめり込ませます。

 

作者プロフィール:緑川美帆(みどりかわみほ)  (サイトURL:http://ldra.net/

生物イラストレーター。ドラゴンを中心に、ゲーム用モンスターデザインやトレーディングカード等で架空生物を描いています。古今実在の動物を描くのも好きです。

コメント
コメントはありません