4.ブラシの設定① 鉛筆ツール・ペンツール

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30    作家 : 遠田志帆(えんたしほ)
閲覧数 : 12537回 総合評価 : 1件

IllustStudioで描画する前に、[ツールセット](あらかじめ登録されている設定)を元に、自分好みのブラシをカスタマイズしておきます。
IllustStudioにはたくさんのツールセットが登録されていますが、私が使用するのは主に7つです。
※掲載するストロークの画像は全て黒色(R0、G0、B0)で描き、実寸で表示していす。

ブラシの設定は[ツールオプション]のパラメータを調整しますが、[ツールオプション]は初期起動時に選択したウィンドウレイアウトによって表示方法が異なります。


・ツールオプションが分離されていない場合
[ツールセット]パレットでツールオプションを調整できます。
[ツールセット]パレットで設定を変更したいツールセットをクリックで選択し、同じツールセットをもう一度クリックすると、ツールオプションが表示されます。


・ツールオプションが別のパレットとして分離している場合
[ツールセット]パレットでツールセットを選択してから、[ツールオプション]パレットでパラメータを調整します。
※[ツールオプション]パレットが画面に表示されていない場合は、[パレット]メニュー→[ツールオプション]を選択してチェックを入れます。


また、本講座では[ツールセット]パレットから分離されていない状態で解説します。


1.鉛筆ツールの設定…[主線用鉛筆]


[鉛筆]ツールの[中芯]を元にカスタマイズして、主線描画用(薄め)の設定を作ります。

■設定手順
[ツール]パレットで[鉛筆]ツールを選択し、[ツールセット]パレットにあるツールセットから[中芯]を選択します。[ツールオプション]設定を調整します。

A:ブラシのサイズを調整します。キャンバスの解像度が350dpiの場合、主線は基本的に4pxで描いています。
B:ブラシの硬さを少し軟らかくなるよう調整します。インジケータの5つあるバーの中央をクリックし、3つ色がついている状態(60)にします。
C:合成モードを[乗算]に変更します。
D:手ブレ補正をoffの状態にします。インジケータの5つあるバーの一番左端をクリックします。左端は初期設定では「0(ゼロ)」に設定されています。



2.[鉛筆]ツールの設定…[細部描画鉛筆]


[鉛筆]ツールの[濃芯]を元にカスタマイズします。細く濃い色を塗りたい時に使用します。

■設定手順
[ツール]パレットで[鉛筆]ツールを選択し、[ツールセット]パレットにあるツールセットから[濃芯]を選択します。[ツールオプション]設定を調整します。

A:ブラシのサイズを調整します。たまに太さを変えることもありますが、[中芯]と同じく基本的に4pxです。
B:ブラシの不透明度を調整します。スライダーの左にある[影響元]アイコンをクリックして[ペンの筆圧]に設定し、スライダーの最大値の縦棒は「100」のまま、最小値(△)を左側いっぱいまで移動します。
C:ブラシの硬さを少し軟らかくなるよう調整します。インジケータの5つあるバーの中央をクリックし、3つ色がついている状態(60)にします。
D:手ブレ補正をoffの状態にします。インジケータの5つあるバーの一番左端をクリックします。左端は初期設定では「0(ゼロ)」に設定されています。さらに、左側の「+」をクリックして[速度による手ブレ補正]を表示させたら、チェックを外してoffの状態にします。



3.[ペン]ツールの設定…[ベタ塗りペン]


[ペン]ツールの[G]を元に、下塗りをするときのベタ塗り用としてカスタマイズします。筆圧次第で細い線から太い線まで自由にひけるので、幅広く手軽に塗れます。

■設定手順
[ツール]パレットで[ペン]ツールを選択し、[ツールセット]パレットにあるツールセットから[G]を選択します。[ツールオプション]設定を調整します。

A:ブラシのサイズを調整します。ベタ塗り用なので大きなサイズに設定します。

POINT
できるだけアナログ感を出すために、今回カスタマイズしているブラシは[手ブレ補正]をoffにしています。
ただし、色塗りのベースはでこぼこさせたくないので、ベタ塗りに使用する[ベタ塗りペン]のみ、[手ブレ補正]を初期設定のまま使用しています。

 

作者プロフィール:遠田志帆(えんたしほ)  (サイトURL:http://www17.plala.or.jp/shiffon/

秋田出身埼玉在住のイラストレーター。主な絵仕事は壁井ユカコ「14f症候群」「NO CALL NOLIFE」、綾辻行人「Another」(角川書店)、柴田よしき「朝顔はまだ咲かない」(東京創元社)、「百合アンソロジーひらり、」(新書館)表紙等。「公式IllustStudioステップ バイ ステップ」(ワークスコーポレーション)でメイキングを紹介。

コメント
コメントはありません