提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30    作家 : 遠田志帆(えんたしほ)
閲覧数 : 12865回 総合評価 : 1件

髪を描画していきます。私が髪を一本一本描く理由は、よりリアルに描きたいということと、描くのが楽しいということ、あとは毛の量を濃淡と線の量で微妙なところまで調整できるという理由があります。
(ただ、描くのにけっこう時間がかかるので、スケジュール次第でラフの段階から髪を短くしたり結ばせたりと、早く描き上がるような髪型にすることもしばしばです)

今回の人物は黒髪ですが、黒髪は昔からよく描いているモチーフです。純和風っぽいところも好きですし、絵の中で存在感を出せるところもいいなと思っています。これまでは、アジア系の人物の絵を描く事が多かったので、自然と黒髪を描く機会がたくさんありましたが、黒髪以外にも色々な色の髪に挑戦したいと思っています。


(1)肌レイヤーの上に新しいレイヤーを作成し、「4.ブラシの設定① 鉛筆ツール・ペンツール 2.[鉛筆]ツールの設定…[細部描画鉛筆]」で紹介した線の引き方の要領で、[主線用鉛筆]を使って一本一本毛先を描きます。


(2)ブラシサイズを少し大きくして、毛と毛の隙間を埋めるように塗ります。
線の引き方と同じ要領で、毛先を残すようにして塗っていきます。


(3)ブラシサイズをさらに大きくして、塗っていきます。
ここまで塗ったら前髪は一段落です。


(4)他の部分も同じように塗っていきますが、前髪と頭の後ろ髪は別のレイヤー(「髪後ろ」レイヤー)に描画しておきます。
後ろ髪のレイヤーは、顔や首を下塗りしたレイヤーの下に重ねて塗っていきます。


(5)線のひきやすい方向にキャンバス表示を回転させながらどんどん塗っていきます。
ツールシフト機能を使って[R]キー押しながら表示を回転させます。


(6)前髪を描いたレイヤーの上に「カチューシャ」レイヤーを新規作成し、[水彩着色筆]でカチューシャを描きます。


(7)さらにその上にレイヤーを作成して(髪上レイヤー)カチューシャの上にかかる髪を描写します。
これで髪の第一工程が終了です。


この時点で、髪のレイヤーを3枚使用しています。

 

POINT
レイヤーの重ね方
今回紹介した髪のように、同じパーツを描く場合でもレイヤーを分けることがあります。
「何の上に何が見えるか」を考えながら、どんどん重ね、必要に応じて統合します。


次回は、顔と髪の描画をさらに進め、身体を描きます。

 

作者プロフィール:遠田志帆(えんたしほ)  (サイトURL:http://www17.plala.or.jp/shiffon/

秋田出身埼玉在住のイラストレーター。主な絵仕事は壁井ユカコ「14f症候群」「NO CALL NOLIFE」、綾辻行人「Another」(角川書店)、柴田よしき「朝顔はまだ咲かない」(東京創元社)、「百合アンソロジーひらり、」(新書館)表紙等。「公式IllustStudioステップ バイ ステップ」(ワークスコーポレーション)でメイキングを紹介。

コメント
コメントはありません