提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30    作家 : 遠田志帆(えんたしほ)
閲覧数 : 6652回 総合評価 : 1件

顔の描画の最終調整をします。


1.目に光を入れる


(1)新規レイヤーを作成(「目光」レイヤー)し、合成モードを[覆い焼きカラー]に変更します。
カスタマイズした[ふわ塗り筆]で、明るくしたい部分をテーマカラーでもあるピンク色で塗ります。


(2)(1)では目の部分を拡大して作業しましたが、今度は顔全体が表示されるように縮小表示させて、バランスを見ながら「目光」レイヤーの不透明度を調整します。ここでは、56%に設定しました。


2.顔に光を入れる


顔に光を入れます。この作業をすることで、より立体的に見え、ぼやっとしていた塗りにメリハリがつきます。

新規レイヤーを作成(「顔光」レイヤー)します。
カスタマイズした[主線用鉛筆]を使い、白色で顔にハイライトを描き込みます。



3.顔の最終調整


顔の最終調整をしますが、その前に顔の描画に使用したレイヤーをすべて統合します。

(1)「顔範囲」クリッピングフォルダを選択し、右クリックで表示されるメニューから[選択中のレイヤーを統合]を実行して、1枚のレイヤーに統合します。
※大々的にレイヤーを統合するときは、念のため統合前にファイルを別名で保存し、統合前のデータを保管しておきます。


(2)次に、統合したレイヤーを使って、顔の左目の位置を調整します。
[投げなわ選択]ツールで目の部分を囲うように選択し、下に表示される[選択範囲ランチャー]の[移動と変形]アイコンをクリックします。


(3)表示されるダイアログの下部にある[元画像を残す]にチェックを入れたら、赤いガイド線の内側をドラッグして目の位置を調整し、[OK]をクリックして位置を確定します。


(4)最後に髪全体の位置を少し下げます。
髪を描画したレイヤーをすべて選択し、[ツール]パレットで[レイヤー移動]ツールを選んだら、キーボードの矢印キーを使って小刻みに下へ移動させます。

これで顔部分の完成です。

 

作者プロフィール:遠田志帆(えんたしほ)  (サイトURL:http://www17.plala.or.jp/shiffon/

秋田出身埼玉在住のイラストレーター。主な絵仕事は壁井ユカコ「14f症候群」「NO CALL NOLIFE」、綾辻行人「Another」(角川書店)、柴田よしき「朝顔はまだ咲かない」(東京創元社)、「百合アンソロジーひらり、」(新書館)表紙等。「公式IllustStudioステップ バイ ステップ」(ワークスコーポレーション)でメイキングを紹介。

コメント
コメントはありません