提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 45275回 総合評価 : 6件

透明部分の保護機能を利用した、特定の範囲からはみ出さないように塗る方法を解説します。

■[透明部分をロック]機能とは
透明部分をロック]とは、レイヤーのロック状態の一つです。レイヤーのロック状態を[透明部分をロック]に設定したレイヤー上では、選択したレイヤーに描かれた画像の濃度に合わせて描画の濃度が変わります。前項で下塗りをしたレイヤーのロック状態を[透明部分をロック]に設定すれば、透明部分には描画できません。レイヤー上で下塗りした範囲からはみ出すことなく描画できます。

透明部分をロック

上図は髪レイヤーのロック状態を[透明部分をロック]に設定し、暗い色で左右にストロークした例です。
ストロークそのものは髪の塗りつぶし領域外に出ていますが、実際に描画されるのは塗りつぶし領域内のみになります。

■設定方法
[レイヤー]パレットで[透明部分をロック]に設定したいレイヤーを選択します。

[透明部分をロック]ボタンをクリックします。

これでレイヤーが[透明部分をロック]に設定されました。

次に、[クリッピングフォルダ]機能について説明します。

コメント
翠河 2014/04/01 19:14
勉強になります
アイツ 2012/11/14 04:40
設定の仕方は分かりましたが…。 どうやって塗るか等、透明部分ロック特有の使い方を知りたかったです。
kurochibi 2012/05/12 04:47
実際、彩色でロックして1枚のレイヤーで全部こなすというのはあまりないかなと。こういうことができるよという解説と思った方がいいかもしれません。 個人的には小さい宝石を塗る時などはこのロック機能で1枚で塗る時もあります。 ロックそのものはたまに使うかも、という感じです。