提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 7441回 総合評価 : 6件

1.作画

次に下描きを元に線画の作画をします。

(1)線画が描きやすいよう、下描きの色を薄くします。
[レイヤー]パレットで「下描き」レイヤーを選択し、[不透明度]を下げます。

(2)「下描き」レイヤーの上に、線画を描くためのレイヤーを作成します。
[レイヤー]パレットの[新規ラスターレイヤー作成]ボタンをクリックし、新しいレイヤーを作成します。レイヤー名は「線画」とします。

(3)今回は鉛筆のようなタッチで線画を描きます。
[ツール]パレットから[鉛筆]ツールを選択し、[ツールセット]パレットから[色鉛筆]を選択してください。

(4)[ツールオプション]の設定は、好みに合わせて調整します。
意図通りのストロークが描けるか試し描きをしながら設定を変更します。今回は、[色鉛筆]の初期設定から、上図赤枠部分だけを変更しました。
※[ツールオプション]は、初期状態では非表示になっているパラメータがあるため、すべてのパラメータを表示させるには、下部にある[非表示設定のパラメータを表示する]をクリックします。

(5)調整したツールで描き進めます。

2.修正

失敗した場合などには、描画色[透明]を使って修正します。
描画色を[透明]にすれば、[パターンブラシ]のままツールを切り替えずに描いたものを消すことができます。

(1)[カラー]パレットで[透明]を選択すれば使用できます。

(2)[透明]で修正しながら、線画を描き進めます。

(3)線画を描き終えたら、下描きレイヤーを非表示にします。

コメント
翠河 2014/04/01 19:35
勉強になります
kurochibi 2012/03/25 06:05
水彩塗のちょっとした線の雰囲気を表すのに線画に鉛筆を使うところが、個人的になるほどと思った。 Gペンなどのペンではちょっと強すぎるかなと思う場合はこちらの方が断然線の雰囲気が出ると感じた。特に拡大された顔の画像が雰囲気が出ているのが伝わってきた。 読んで納得のページだった。