提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 10817回 総合評価 : 1件

[水彩]ツールを使って色を塗ります。

1.下塗り

「線画」レイヤーの下に「下塗り」用のレイヤーを作成します。

(1)[レイヤー]パレットで新しいレイヤーを作成し、レイヤー名を「下塗り」にしてください。

(2) [ツール]パレットから[水彩]ツールを選択し、[ツールセット]パレットから、[水彩毛筆]を選択します。

(3)[カラー]パレットで色を設定し、下地となる色を全体に塗ります。
今回は、最も明るい部分を白く塗り残し、次に明るい色で下塗りしました。

2.影の色を塗り重ねる

下塗りが終わったら、色を塗り重ねて影を描画します。

(1)「下塗り」レイヤーの上に新しくレイヤーを作成し、レイヤー名を「影」にします。

(2)「影」レイヤーの[合成モード]を[乗算]に設定します。

(3)[カラー]パレットで色を設定し、[水彩]ツールの[水彩毛筆]で「影」レイヤーに影を塗り込んでいきます。
まずは肌を塗っていきます。

(4)基本となる影が塗り終わったら、影をさらに塗り重ねます。
「影」レイヤー作成時と同じ手順で、「影」レイヤーの上に合成モード[乗算]のレイヤーを作成し、レイヤー名を「影1」とします。
「影1」レイヤーに、より濃い影を塗っていきます。

(5)さらに[乗算]のレイヤーを作成し、レイヤー名を「影2」とします。
最も濃い影を塗っていきます。
作例では、絵が全体的に暗くならないよう、最も濃い影は赤に近いピンクで塗っています。

(6)肌が塗り終わりました。

3.影レイヤーのグループ化

髪や服などの影は他のレイヤーに塗り込みます。
管理しやすいように、肌の影が塗られているレイヤーだけ、レイヤーフォルダにまとめます。

 

(1)影、影1、影2レイヤーのいずれかを選択した状態で、残り二つのレイヤーの、目のアイコン右の四角にチェックを入れ、まとめて選択します。

(2)[レイヤー]パレットメニューから[レイヤーのフォルダ化]を選択します。
[レイヤーのフォルダ化]ダイアログが開きます。

フォルダ名

(3)フォルダ名に「肌」と入力し、OKをクリックします。

(4)複数のレイヤーがフォルダにまとめられました。

(5)[レイヤー]パレットで、「肌」フォルダの[合成モード]を[通過]に設定します。

(6)肌の部分を塗ったのと同様の手順で、髪や服などに色を塗り重ねます。

塗る色ごとにレイヤーを分けておくと、あとから一部の色を変更したい場合などに便利です。
また、今回は肌や髪など部分ごとに塗り重ねていきましたが、
全体的に塗り進めていったほうが、色のバランスはとり易くなります。

4.ホワイト

次に、白でハイライトを入れます。

(1)「線画」レイヤーの上に新しいレイヤーを作成し、レイヤー名を「ホワイト」にします。

(2)[水彩]ツールの[水彩毛筆」で、ブラシサイズを調整しながら、髪の艶や瞳の光など、ホワイトを入れます。
人物の着色はこれで終わりです。

次に背景を描きます。

5.背景

基本的には人物の塗りと同じです。

(1)「下塗り」レイヤーの下に新しくレイヤーを作成し、レイヤー名を「背景」にします。
人物と少し質感を変えたいので、別のツールを使って塗ります。
[パターンブラシ]を選択し、[にじみスプレー]を選択します。

(2)作例では、上図のような設定に調整して塗りました。
初期設定から変更したのは赤枠部分のみです。

(3)[カラー]パレットで色を設定し、背景レイヤーに着色します。

(4)[にじみスプレー]で塗ったあと、[水彩]ツールの[水彩毛筆]で塗り重ね、さらに[にじみスプレー]で塗り重ねていきました。人物の下にはみ出てしまった部分は、透明色で修正します。

着色は以上です。

コメント
翠河 2014/04/01 19:35
勉強になります