提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 9291回 総合評価 : 4件

背景と共に全体の下地の色を塗ります。

線画レイヤーを選択した状態で、[新規ラスターレイヤー作成]ボタンをクリックします。
線画レイヤーの上に新しいレイヤーが作成されます。
レイヤー名は「下塗り」に変更します。
下塗りレイヤーをドラッグして、線画レイヤーの下へ移動させます。


このレイヤーに下塗りを行います。

[パターンブラシ]ツールの[にじみブラシB]を使用して塗ります。
今回は、青系の色を使用します。


[にじみブラシB]を使用し、カラーサークルで色を調整しながら塗り重ねます。

紙の質感を付けるために、[質感フィルタレイヤー]を使用します。
[新規フィルタレイヤー作成]ボタンから[質感]を選択します。


[質感]ダイアログで任意の設定をして[OK]をクリックします。
今回は、[まだら模様1]を使用します。


全体にノイズがかかった質感が付きました。

ノイズ


この質感はレイヤーなので、表示/非表示を切り替えることができます。


これで下塗りは終了です。

コメント
翠河 2014/04/01 19:36
勉強になります
kurochibi 2012/03/25 05:25
下塗りは着色段階としてはかなり大切なものと考えるが、これには「にじみブラシ+青系の色で(この回の最終段階へはご自分で色々と頑張ってどうぞ)」という主旨でまとめられており、実際にどういった点に気を付けるか・にじみブラシでどのように色をにじませて雰囲気を出していくのかなど細かいテクニック解説がない。 特にカラーサークルをどう上手く使っていくのかなどは解説が欲しかった部分。 閲覧者はおそらくそうした部分も見たいのでは…と思うので、あまり参考になるとは感じられない。