6.エアブラシツールで着色する

提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 6405回 総合評価 : 2件

[エアブラシ]ツールにも[参照レイヤー]を利用して線からはみ出さずに着色できるオプションがあります。
そのオプションを利用して髪のハイライトと肌の赤みを入れます。
あらかじめ「髪」レイヤーの上に「髪ハイライト」レイヤーを、「肌」レイヤーの上に「肌仕上げ」レイヤーを作成しておきます。

1.エアブラシツールの設定をする


(1)[ツール]パレットから[エアブラシ]ツールを選択します。


(2)[ツールセット]パレットから[筆圧ぼかし]を選択し、[ツールオプション]の[参照レイヤーの線からはみ出さない]にチェックが入っていることを確認します。

■オプション[参照レイヤーの線からはみ出さない]について

オプション[参照レイヤーの線からはみ出さない]は参照レイヤーの線を境に、中心側のみに描画できるオプションです。

オプション

A:線に向かって描画する場合、ブラシの中心が参照レイヤーの線を越えない位置で描画をやめると線からはみ出さず描画することができます。
B:線から描画をする場合、ブラシの中心が参照レイヤーの線を越えた位置から描画を始めると、描画の開始位置が線からはみ出さずに描画することができます。
C:線を越えて描画をすると線をはみ出して描画されます。


【ポイント】
表示倍率:ブラシサイズが小さいとブラシの枠と中心の距離が近くなるので、線からはみ出しやすくなります。そのような場合は表示倍率を大きくすると、描画しやすくなります。

2.エアブラシツールで着色する

(1)[カラー]パレットで髪より明るい色を選択します。

イラスト


(2)線から中心がはみ出さないよう、描画します。

描画


(3)ほほの赤み、くちびるの赤みも同様に入れます。

最後に背景に着色をして完成です。

完成イラスト
クリックすると拡大します。
コメント
翠河 2014/04/01 19:21
勉強になります