提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 3600回 総合評価 : 2件

1.パターンブラシを作成する

(1)線画用のパターンブラシを作成します。[ツール]パレットから[パターンブラシ]ツールを選択します。

(2)[ツールセット]パレットのメニュー表示から[新規ツールセット]を選択します。

(3)[新規ツールセット]ダイアログが表示されますので、任意の名前を付けて[OK]ボタンをクリックします。ここでは「にじみインク」というブラシを新規作成します。

(4)作成されたツールセット「にじみインク」をクリックし、[ツールオプション]を表示させたら[ブラシ形状]の項目をクリックします。

(5)[パターン素材集の編集]ボタンをクリックします。

[パターン素材集の編集]

(6)[パターン素材の管理]ダイアログが表示されます。[ユーザー]メニューから[新規素材集]を選択します。

(7)[新規作成]ダイアログで任意の名前をつけます。ここでも「にじみインク」とつけて作成します。
※[環境バックアップの対象にする]にチェックを入れると、環境バックアップ時にチェックを入れたフォルダやツールセットだけをバックアップできます。

(8)マルチブラシを準備します。IllustStuidioにあらかじめ入っているパターンで作成します。[デフォルト]の素材から[ペン]のセットを選びます。

(9)[→]ボタンを押して、ユーザーのパターンセットに移動させます。

(10)もうひとつパターンを選びます。ここでは[にじみB][毛筆]のパターンを移動しました。設定後、[閉じる]ボタンをクリックします。

(11)パターンセットのボタンをクリックし、先ほど作成した[にじみインク]セットを選択します。

(12)パターンブラシの繰り返しタイプを選びます。ここでは[複数(繰り返し)]を選択します。

(13)下の[にじみB]か[毛筆]をクリックしてダイアログを閉じます。これで新しいパターンブラシが設定されました。

(14)作成したブラシを保存します。[ツールセット]パレットのメニュー表示からパレットメニューを開き、[初期設定に登録]を選択します。

(15)初期設定に登録する他にも作成した[ツールセット]をファイルとして外部に書き出すことができます。 [ツールセット]パレットのメニュー表示から、[ツールセットの読み書き]→[ツールセットの書き出し]を行い、任意の名前を付けて保存します。

任意の名前を付けて保存

 

作成したのはこのようなブラシです。

今回作成したブラシ

2.線画作成

(1)作成した「にじみインク」ブラシで、3Dグリッドにスナップさせ、線画を引きます。

作成した「にじみインク」ブラシで線画

線を修正する時は[カラー]パレットから[透明色]を選んで線を消します。修正の際、パースにスナップしたままで修正しづらい場合には、スナップをオフにします。ツールバーに[スナップ先を設定/パース]ボタンを表示させておくと、オンオフの切り替えが便利です。

ツールバーに[スナップ先を設定/パース]ボタンを表示

POINT
[環境設定]で、[消しゴム]ツールのみスナップさせない設定に切り替えられます。

[環境設定]→[キャンバス]→[定規]の項目で[消しゴムもスナップする]をオンにすると、[消しゴム]ツールが定規に対してスナップします。 オフにすると、[消しゴム]ツールが定規に対してスナップしなくなります。スナップのオン・オフを切り替えなくても、平行線定規やパース定規に関係なく線を消せます。

 

(2)人物などもパースが狂わないように、グリッドを目安にして描きます。

人物などを描きいれる

コメント
翠河 2014/04/01 19:41
勉強になります