提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 3694回 総合評価 : 4件

図形ツールを使用する部分を残し、背景の線画を描きます。
今回は[ベクターレイヤー]の機能を使用します。
まずは、線がはみ出すのを気にせず[ペン]ツールで主線を描画します。
そのあと、[消しゴム]ツールの[交点までを消去]を用い、はみ出した部分を消します。

1.線画レイヤーを作成

線画を描くためのベクターレイヤーを作成します。

(1)[レイヤー]パレットの[新規レイヤー作成]ボタンから、[ベクターレイヤー]を選択します。

(2)新規レイヤー作成ダイアログが表示されます。
[レイヤー名]に「線画」 、[表現色]を「黒白(2bit)」にし、[OK]ボタンをクリックします。

(3) 「線画」レイヤーを「下描き」フォルダの下に移動させます。

[画像]リブに、「線画」ベクターレイヤーが作成されました。

2.[ペン]ツールで描画

下描きを参考に、パース定規へのスナップを利用しつつ、線画を描きます。

(1)[ツール]パレットから[ペン]ツールを選択します。

(2)[定規]→[スナップ先を設定]→[パース]を選択し、スナップ先をパース定規に設定します。
[定規]→[スナップ]がオンになっていることを確認します。

(3)パース定規へのスナップを利用しながら、線画を描きます。

3.[消しゴム]ツールで線のはみ出した部分を消す

[消しゴム]ツールのベクター機能を利用し、はみ出した線を修正します。

(1)[ツール]パレットから[消しゴム]ツールを選択します。

(2)[ツールセット]パレットで[ベクター用(交点消去)]を選択します。

(3)線がはみ出している部分をなぞり、はみ出している部分だけを削除します。

コメント
翠河 2014/04/01 19:43
勉強になります
ガゼ子 2012/02/25 03:24
レイヤーを変えることで便利になるということがわかりました! ありがとうございました!