提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/27   
閲覧数 : 2721回 総合評価 : 3件

1.IllustStudioパレット画像の追加

 

(1)Windows標準のプリントスクリーン機能や、キャプチャソフトなどを利用して、IllustStudioのパレットのスクリーンショット画像を作成します。

(2)パレット画像をキャンバスに読み込み、[編集]メニュー→[移動と変形]→[自由変形]や[遠近法]で、背景のパースに合うように変形させます。

 

(3)パレットの下部が透けて表示されるように、[マスク]フィルタレイヤーを適用します。
パレット画像のレイヤーを全て選択し、[レイヤー]メニュー→[フィルタフォルダ化]→[マスク(全領域を表示)]を選択します。


(4)[レイヤー]パレットに作られた「マスク(全領域を表示)」レイヤーを選択し、非表示にしたい箇所を黒く塗ります。
黒が濃い部分ほどマスクが強くかかり、透明に表示されるようになります。
ここでは、「黒~透明」に設定した[グラデーション]ツールを使用し、なめらかに透けていくように描画しました。


IllustStudioのパレットの追加と描画を終えた段階です。

 

2.パターンブラシで光を描画する

 

パターンブラシを使用して、きらめく光を描きます。

作例で使用しているのは、「創作活動応援サイト CLIP 」の「素材をさがす」で配布しているパターンブラシ「きらめき大(描画色用)」です。

ブラシサイズを変えながら描画していきます。

コメント
翠河 2014/04/01 19:44
勉強になります
鉗羽みる 2013/04/08 04:39
参考になりました!