提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30    作家 : 金村 連
閲覧数 : 11005回 総合評価 : 3件

透明な素材

椅子(クッション部分以外)を透明な素材として塗っていきます。クッションの透明な素材部分にかかっている部分は薄い色で塗ります。

0083.jpg

 

透明な部分は透けて見える向こう側の服の色を[スポイト]ツールでとり、[水彩]ツールで薄くのせます。

0084.jpg

 

角になる部分や、ふちの部分をずらしたり歪ませたりするとより透明感が増します。

0085b.jpg

 

その他

タイプライターや机の着色に入ります。

0091.jpg

 

タイプライター上部、ガラス管の中のインクは[エアブラシ]ツールで軽くグラデーションをかけた後、[フィルタ]メニュー→[明るさ・コントラスト]で[明るさ]を下げ[コントラスト]を上げます。

0092.jpg

 

そうすることでコントラストの強いグラデーションにすることができます。

タイプライターが味気ないので、側面に装飾を付けます。
[パターンブラシ]の[ツールセット]「文様」を使います。

0094.jpg

 

タイプライター側面に[パターンブラシ]ツールで文様を描きました。このままだと線が黒、塗りが黄の状態なので1色で塗りつぶした後、[エアブラシ]ツールでグラデーションをかけます。

少し浮いていたので、レイヤーの[不透明度]を下げました。

0095.jpg

 
POINT

透明部分をロック

[透明部分をロック]機能を使用すれば、描画場所からはみ出さず描画できます。
[下のレイヤーにクリッピング]等とは違い一枚のレイヤーに着色するときに便利です。

[レイヤー]パレットの[透明部分をロック]をオンにすると

004.jpg

 

描画部分のみ、彩色できるようになります。

005.jpg

 

 

テーブルも髪と同様、ハイライトは[鉛筆]ツールでパリッといれます。

0096.jpg

作者プロフィール:金村 連  (サイトURL:http://kanamuraren.blog115.fc2.com/

普段はpixiv等で活動しています。 現在タイポグラフィと構図をどう絵に活かすか模索中。

コメント
翠河 2014/04/01 19:47
勉強になります