提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30    作家 : 金村 連
閲覧数 : 17109回 総合評価 : 4件

だいたいの塗りが終わりました。
ここからは最後の仕上げ、加工に入ります。

 

手前にある文字のレイヤーを複製します。

 

レイヤーの簡単な複製方法は、ズバッと解決!図解探偵「レイヤーを素早く複製する方法」をご覧ください。

複製した手前文字のレイヤー「手前のコピー」レイヤーに[フィルタ]メニュー→[ぼかし]→[ガウスぼかし]でプレビューを見ながらぼかし加減を調節します。(今回は30.0)

 

このようになりました。

 

複製をしないでぼかしをかけると…

 

せっかく配置した文字の形が分からなくなってしまいます。

そこで、残しておいた元のレイヤーの[不透明度]を「50%」~「60%」にすることでちょうど良いぼかし具合になります。

 

中間の文字も同じように複製したレイヤーにぼかしをかけ、元のレイヤーの[不透明度]を下げます「80%」~「90%」奥にある文字は無加工です。

 

複製した手前と中間の文字を元のレイヤーに結合しておきます。

 

今度は全体の色味を調節します。

 

[グラデーション]ツールの[ツールセット]「描画色→無色(円)」を使い絵のふち部分に影を作ります。

 

新規レイヤーを一番上に作成し、画面中央からドラッグしてグラデーションをかけました。

 

グラデーションをかけたレイヤーの[合成モード]を[焼込カラー]に、[不透明度]を「40%」に変更して全体となじませます。

 

それでも少し浮いてしまうので、[編集]メニュー→[移動と変形]→[拡大・縮小]で用紙の外まで拡大し、影を薄めました。

 

文字も全体になじませます。

 

文字レイヤーの「中間」と「手前」レイヤーに[透明部分をロック]を設定します。

 

中間文字の全体と、手前文字の奥のほうに背景と同じ色を[エアブラシ]ツールでささっとかけ、さらに遠近感を出します。

 

また、下の白まるで囲った手前の部分が明るく浮いているので、[消しゴム]ツールの「軟らかめ」で先ほどと同じようにささっとかけて薄めます。

こうすることでより自然な色味の絵に変えていきます。

作者プロフィール:金村 連  (サイトURL:http://kanamuraren.blog115.fc2.com/

普段はpixiv等で活動しています。 現在タイポグラフィと構図をどう絵に活かすか模索中。

コメント
チャイエ 2014/06/18 00:22
グラデを絵の構図に合わせて円でかけるという発想はなかったのでとても参考になりました。
翠河 2014/04/01 19:47
勉強になります