トーンについて

提供者 : セルシス    更新日 : 2016/01/05    作家 : ねぐら☆なお
閲覧数 : 10490回 総合評価 : 11件

使用したバージョン:CLIP STUDIO PAINT Ver.1.4.2

ComicStudioからCLIP STUDIO PAINTへの移行に戸惑っている人から[トーン]の使い勝手が違うからというお話を時々伺います。
そこで[トーン]の概念・機能・使い方を比較してみて下さい。そこから移行のヒントが得られるかもしれません。

[1]トーンを貼る手順の比較
[2]トーンの描き足しと消しの比較
[3]トーンレイヤーの比較
[4]トーンの様々なプロパティの比較
[5]トーンの効率的な検索
[6]移行へのヒント

[1]トーンを貼る手順の比較

トーンを貼る手順は多くの共通点がありますが、機能や手順に少し違いがありますので、その点に注意しましょう。

◆素材パレットからの貼り付け方

・素材パレットからドラッグ&ドロップ

●ComicStudio・CLIP STUDIO PAINT共通
基本的な手順は全く同じです。選択範囲を作成していれば、その範囲内に貼られます。


・[素材]パレットの[素材の貼り付け]アイコン

●ComicStudio・CLIP STUDIO PAINT共通
選択範囲を作成していれば、その範囲内に貼られます。


◆[簡易トーン設定からの張り方]

・選択範囲ランチャ

●ComicStudio・CLIP STUDIO PAINT共通
選択範囲を作成し、選択範囲ランチャから[簡易トーン設定]を呼び出します。
 ComicStudio…[新規トーン作成]→[簡易トーン設定] 
 CLIP STUDIO PAINT…[新規トーン]→[簡易トーン設定]


◆新規レイヤー作成

●ComicStudio
レイヤーパレットの[カテゴリ]欄をクリックして、[トーンレイヤー]から[簡易トーン設定]を呼び出すことができます。



●CLIP STUDIO PAINT
メニューから[レイヤー]→[新規レイヤー]→[トーン]を選ぶと、 [簡易トーン設定]が呼び出されます。
[簡易トーン設定]でトーン設定を行いOKボタンを押すことで、トーンレイヤーが作成されます。



◆[グラデーション]ツールを使用

●ComicStudio・CLIP STUDIO PAINT共通
 ComicStudio…[編集中のレイヤーに描画]をOFFにします。
 CLIP STUDIO PAINT…[描画対象:グラデーションレイヤーを作成]にします。

[グラデーション]ツールを使うときは、この選択の切り替えによって、直接そのレイヤーにグラデーションを描画するモードと、[グラデーション]トーンを作るモードを切り替えられます。
後からグラデーションの濃度やカーブや向きなどを編集したい場合は、[グラデーション]トーンを作るモードで行いましょう。

◆トーン色を使用

ComicStudioのトーン色で描く機能については、同等の機能がCLIP STUDIO PAINTには無いため省略します。

[2]トーンの描き足しと消しの比較

ComicStudioとCLIP STUDIO PAINTでは、操作面で異なるところがありますが、ポイントを抑えれば同等の感覚で行えます。

[トーン]の描き足しと消しの手順
トーンの表示部分・非表示部分の編集方法について、ComicStudioとCLIP STUDIO PAINTを比較してみましょう。(どちらもトーン領域表示がONになっている状態です。)

●ComicStudio
[レイヤー]→[トーン表示設定]→[トーン貼り付け領域を表示]または、[レイヤープロパティ]の[トーン領域]のチェックON。

●CLIP STUDIO PAINT
[表示]→[トーン領域表示]→[選択中の/すべてのトーン領域を表示]で、ONにできます。


●ComicStudio
トーンレイヤー上で、描画系のツールを使います。
 表示…[描画色:黒]で描画
 非表示…[描画色:透明]で描画か、[消しゴム]


または、こちらの手順でも非表示にできます。
 [編集]→[クリア]または選択範囲ランチャの[クリア]
 [選択範囲作成]→[編集]→[切り取り]


●CLIP STUDIO PAINT
レイヤーマスクを選択して描画系のツールを使います。
 表示…[描画色]で描画(メインカラー・サブカラーどちらでもOK)
 非表示…[透明色]で描画か、[消しゴム]


または、こちらの手順でも非表示にできます。
 [編集]→[消去]/選択範囲ランチャの[消去]
 [選択範囲作成]→[編集]→[切り取り]

●CLIP STUDIO PAINTのレイヤーマスク
レイヤーマスクは、他のレイヤーやフォルダーでも共通の機能ですので、覚えてしまえば通常のレイヤーのマスキング作業の使い方も覚えられます。

レイヤーマスクのサムネイル
 [黒]部分・・・[マスキングされて隠れる領域]
 [白]部分・・・[マスキングされずに見える領域]


[レイヤー]→[レイヤーマスク]→[マスク範囲を表示]をONにすると[隠れる領域]=[黒]の部分に色がついた状態で表示されます。
(上の図はマスク範囲は表示していません。)

[レイヤーマスク]を編集するときはサムネイルをクリックして選択しましょう。サムネイルに二重枠が付いていれば編集できます。

ComicStudioと同じ様に、[描画色]で見える部分が増えて、[透明色]で隠れる部分が増えると覚えましょう。

POINT
  • ComicStudioはモノクロ原稿作成に特化しているため、描画色は[黒・白・透明・(トーン)]になっています。
    トーンレイヤーの編集時は、[描画色:黒]と[描画色:透明]で操作するようになっています。
  • CLIP STUDIO PAINTはフルカラー対応のため、描画色は[メインカラー・サブカラー・透明]になっています。
    マスキングレイヤー操作時には、[描画色][透明色]で操作します。
    その時の[描画色]はメインカラー・サブカラーどちらを選択しても何色でもOKです。ComicStudioでの[黒]を選択している状態と同等となります。

[3]トーンレイヤーの比較

ComicStudioでの[トーンレイヤー]と、CLIP STUDIO PAINTでの[トーンレイヤー]を比較して、同じ点・異なる点を見てみましょう。

1.ComicStudioでの[トーン]

大きく分類すると、以下の5種類のトーンがあります。トーンの種類は、トーンプロパティで確認できました。
 1.[通常]トーン
 2.[グラデーション]トーン 
 3.[背景]トーン
 4.[パターン]トーン
 5.[グレー]レイヤーのトーン化

2.CLIP STUDIO PAINTでの[トーン]

CLIP STUDIO PAINTでは、トーンレイヤは、べた塗りレイヤーのトーン化に置き換わりました。
また、素材パレットの単色パターンの中に、基本となる網トーンが、多数用意されています。
レイヤのトーン化を行うことにより、カラーパターンの中の素材をトーンとして使用することも可能です。


CLIP STUDIO PAINTでは、グレーやカラーの画像のあるレイヤーを、自在に[トーン]化することが可能です。
[レイヤープロパティ]の[効果]→[トーン]アイコンをクリックすると、あっという間に[トーン]になります。


POINT
CLIP STUDIO PAINTで[トーン]化できないレイヤーは、[コマ枠フォルダー][色調補正レイヤー][選択範囲のストック][クイックマスク]です。

3.[素材]パレット内の素材の[トーン]化

CLIP STUDIO PAINTは[素材の詳細情報]に[トーン]化にあらかじめチェックを入れておくと、キャンバスの基本表現色にかかわらず、[トーン]化された状態で貼られます。



例えば、基本表現色が[カラー]のキャンバスに、同じ[カラーパターン]を[トーン]化をONとOFFを切り替えて貼ってみると、図のようにONの方はモノクロのトーンとして貼られます。



ちなみに、基本表現色が[モノクロ]になっている場合は、[トーン]化にチェックが入っていなくても、貼り付けた段階で自動的にキャンバスの設定した[基本線数]で[トーン]化されます。

POINT
CLIP STUDIO PAINTでは[通常のレイヤー][通常のフォルダー]をはじめ、[べた塗りレイヤー][グラデーションレイヤー][画像素材レイヤー]などのレイヤーを、トーンとして利用する事ができます。

●通常の[レイヤー]をトーン化する方法
表現色[モノクロ]のレイヤーに黒で描いた線やベタを、レイヤーの不透明度を変更して[効果:トーン]をONにするだけで、簡単にトーン化することができます。



●[べた塗り]レイヤーをトーン化する方法
簡易トーン設定で作られたトーンは、[べた塗り]レイヤーをトーン化したものですが、カラーやグレーに設定された[べた塗り]レイヤーを後から好きな濃度のトーンにすることも可能です。



●[グラデーション]レイヤーをトーン化する方法
[グラデーション]ツールで[描画対象:グラデーションレイヤーを作成]で作った[グラデーションレイヤー]も簡単に好きな網の設定のトーンにすることができます。



●[画像素材]レイヤーをトーン化する方法
貼り付けた[画像素材]も、[効果:トーン」をONにするだけでトーン化することができます。
色を持つ[画像素材]の場合、下のレイヤーの線を隠してしまう場合は、レイヤープロパティの濃度を[画像の色を使用]から[画像の輝度を使用]に変更する必要があります。
[階調化]を使って、好きな濃度の階調を持つトーンに変更することもできます。


レイヤーの種類別の詳細については以下もご参照ください。

4.[トーン]の概念の共通点

ComicStudioもCLIP STUDIO PAINTも同様に、元のデータ画像(カラー・グレー・モノクロ)を[減色]→[トーン]化しています。
ComicStudioの[パターン]トーンは、CLIP STUDIO PAINTでは分類上[画像素材レイヤー]に含まれるので、より自在性が高くなっています。
ComicStudioの[ラスターレイヤー(グレー8bit)]をレイヤープロパティで[減色手法:トーン化]したものは、CLIP STUDIO PAINTではレイヤープロパティの効果[トーン]アイコンをオンにしたものと同様です。
さらに様々なレイヤーもトーン化できるようになり、自在性が高くなっています。

[4]トーンの様々なプロパティの比較

1.ComicStudioとCLIP STUDIO PAINTの[レイヤープロパティ]

ComicStudioの[レイヤープロパティ]を基準に、CLIP STUDIO PAINTではどこにその機能があるのかを並べて比較してみました。
一見複雑に見えますが、操作手順の関係がわかると、案外シンプルになっている事に気づきます。


2.CLIP STUDIO PAINTの[レイヤープロパティ]と[ツールプロパティ]の関係

ComicStudioでは、[レイヤープロパティ]で、トーンの元画像の表示倍率や表示角度、グラデーションの濃度カーブなど、2階調化の設定に依存しない部分の編集もできました。
CLIP STUDIO PAINTでは、[トーン]化していない時でも元の[画像素材]の編集ができるように、その部分が切り離されています。
その切り離された部分は、[操作]ツールグループの中のオブジェクトツールの[ツールプロパティ]にあります。
[ツール]パレットから[操作]ツールを選ぶと、ワンステップ増えて切り替えが面倒になったように見えますが、[ツール]パレットを経由せずに素早く[操作]ツールに切り替える方法が、次の3.の様にちゃんと用意されています。

3.[トーン]化設定からレイヤーの編集への切り替え手順

①編集したい[トーン]化したレイヤーを選択します。
②[レイヤープロパティ]の下部の[ツールナビゲーション]から[操作]ツールを選択します。
③[ツールプロパティ]が[○○編集中]に変わるので編集します。
④[リサイズハンドル]で拡大縮小できます。
⑤[リサイズハンドル]で角度を変えるのも簡単です。



POINT
リサイズハンドルの中心が、トーンの領域から大きく外れた場所に表示されることがありますが、貼付け時の動作による表示場所の法則があります。
リサイズハンドルの中心が表示される場所は、ドラッグ&ドロップの場合はドロップした場所になります。
[素材パレット]から[素材の貼り付け]を使った場合、[画像素材]の中心はキャンバスの中心の位置に設定され、また[グラデーション]の場合その中心はキャンバスの左上端に設定されます。

■CLIP STUDIO PAINT独自の[レイヤープロパティ]項目

[レイヤープロパティ]の[トーン]化に関わる部分で、特に重要な個所を確認してみましょう。

●トーンで線画が隠れてしまう時の注意点
基本表現色が[モノクロ]のキャンバスに[カラーパターン]を貼り付けると、[トーン]化のチェックをしていなくても自動的に[トーン]化されますが、トーンを貼り付けた時に下のレイヤーの線が隠れてしまうことがあります。
原因は[濃度]が[画像の色を使用]になっているからです。
画像の明度が明るい部分を不透明な[白色]としているので、下のレイヤーの線が透過せずに隠れてしまうのです。
下のレイヤーの線画を活かしたい場合は、[レイヤープロパティ]の[濃度]を[画像の輝度を使用]に変更しましょう。



●[画像素材]のタイリング設定
図のように、パターンが単体で表示されてしまう場合は、タイリングの設定がされていません。
タイリングしたい場合は、[操作]ツール[ツールプロパティ]→[タイリング]をONにして設定します。



●CLIP STUDIO PAINT独自の[べた塗り]レイヤーの濃度の設定方法
ここでは[べた塗り]レイヤーを使用して説明します。(他のレイヤーでも可能です)
CLIP STUDIO PAINTの[通常]トーンは、単一色の[べた塗り]レイヤーを[トーン]化したもので、ComicStudioの[通常]トーンと対応しています。
ComicStudioではシンプルに[トーンの濃度]だけでした。
CLIP STUDIO PAINTではカラーも扱えるので、発表媒体に合わせて自在に表現色を変えられるようにしています。
POINT
OSによって色の設定方法が違います。
・Windows…グレースケールを%で指定しづらいので、黒100%を選びます。
・MacOSX…グレースケールつまみを使えば、指定の濃度のグレーが選べます。

①[べた塗り]レイヤーを作成します。
  [レイヤー]→[新規レイヤー]→[べた塗り]を選びます。
②色の選択をします。


選んだ色によって、トーンとして使用するにはいくつかの方法があります。

1.塗りつぶし[黒:100%]で[指定の濃度を使用]を使う場合
①レイヤーを作成します。
②色の選択をします。
③塗りつぶし[黒:100%]・レイヤーの不透明度[100%]のままにします。
④[トーン]化して濃度を[指定の濃度を使用]・スライダを30%にします。


2.塗りつぶし[黒:100%]で[レイヤーの不透明度]を使う場合
①レイヤーを作成します。
②色の選択をします。
③塗りつぶし[黒:100%]のまま、レイヤーの不透明度を[30%]にします。
④[トーン]化して、濃度を[画像の輝度を使用]か[画像の色を使用]にして、[レイヤーの不透明度を反映]のチェックをONにします。

3.塗りつぶし[黒:30%]の場合
①レイヤーを作成します。
②色の選択をします。
③塗りつぶし[黒:30%]・レイヤーの不透明度は[100%]のままにします。
④[トーン]化して、濃度を[画像の色を使用]にします。

POINT
不透明度を落として[レイヤーの不透明度を反映]のチェックをONにする方法は、通常のレイヤーを[トーン]化したいときに便利です。
①[フォルダー]の不透明度は100%のままです。
  [塗りつぶし][グラデーション]を貼っていますが[トーン]化はしていません。

②[フォルダー]100%のまま[トーン]化してみました。
  [塗りつぶし][グラデーション]がまとめて同じ設定で[トーン]化されました。

③[フォルダー]の不透明度を落として[トーン]化してみましたが…
  元画像が黒100%の部分は[トーン]化されず[フォルダー]の不透明度でグレーになっただけです。

④そこで[レイヤーの不透明度を反映]のチェックをONにしてみました!


黒100%の部分の不透明度も反映されて、主線も[トーン]化されました!

[5]トーンの効率的な検索

CLIP STUDIO PAINT Ver.1.5.1の段階で、CLIP STUDIO PAINTにはない機能があります。
・[お気に入り]
・[履歴]
・[アイコンの整列]
・[書き出し]

そこで今の機能を使って、効率的な検索方法を使ってみましょう。

■CLIP STUDIO PAINTの[素材]の[検索用タグ]の拡張

CLIP STUDIO PAINTの[素材]には、複数の[検索用タグ]をつけることができます。
[ツリー表示]で[すべての素材]を選ぶと、[タグリスト]に使われているすべての[タグ]が表示されます。


一つの素材に複数の[タグ]をつけられるので、よく使う素材に[常用]とか[お気に入り]などの[タグ]を追加しておけば、絞り込んで目的の素材を見つけ易くなります。

●新しい[タグ]を付ける方法
キャラクターの制服で使う複数の[トーン]に、[制服用A]という[タグ]を付けてみます。

①[素材のプロパティ]を表示して、新しい[タグ][制服用A]を付けます。


ここでは[単色パターン]以下に[タグ]を登録します。


②他の素材にも[制服用A]を付けます。
[通常]の素材(ここではノイズ)にも付けられます。
たくさん[タグ]を付けても素材そのものが変わるわけではないので、作品単位やキャラクター単位で付けて行くのもアリだと思います。


③[タグリスト]から[制服用A]ボタンをクリックすると、[タグ]が付いた素材のみ表示されます。
[制服用A]の[タグ]を登録したのは[単色パターン]以下なので、[単色パターン]を選択すると候補の[タグ]が絞られて表示されるので探しやすくなります。
[検索]に[タグ]の文字列の一部を入れても絞り込みしやすいですよ!


POINT
[タグ]をたくさん付けていると、不要になった[タグ]や間違ってつけた[タグ]が残ってしまうことがあります。
使わなくなった[タグ]を削除するには、どの素材もその[タグ]を使っていない状態にする事です。
[タグリスト]で素材を絞り込んで、消したい[タグ]を1つずつ選択、[素材のプロパティ]を開いてその[タグ]だけ外します。
すべて外すと[タグリスト]からその[タグ]が消えます。

●素材の分類・並べ替え
CLIP STUDIO PAINTの素材の整列方法は、[登録順]と[フォルダータグ]の二種類です。
この[フォルダータグ]を選択すると素材の名前順に並べ替えられるので、[フォルダー]による分類と[フォルダータグ]によるソートで整理してみましょう。

①[ツリー表示]に新しい分類フォルダーを作ります。
好きなフォルダーを選び、[フォルダータグ]→[新規作成]を選び好きなフォルダー名を入れます。

②新規フォルダーに分類したい素材を、ドラッグして移動させます。
違う[ツリー]分類の素材を移動させてしまうと、[ツリー表示]による絞込に失敗するので注意しましょう。
親の[ツリー]選んでおおまかに絞り込み、[タグリスト]を使ってさらに絞り込みましょう。


③移動させた[素材]のプロパティを開き、[素材名]を並べ替え用の名前に変更します。
先頭部分に数字を入れると比較的ミスが少ないと思います。
例えば[60線5%]→[60-05-○○]・[60線10%]→[60-10-○○]のような付け方をすると濃度順に並べることができます。


④[整列方法]→[フォルダータグ]を選択すると、素材名順に並べ替え完了です。


POINT
素材ウインドウ内の[フォルダー]を削除するときは、中の素材も削除されてしまいますので注意しましょう。
[タグ]で絞込していると一部の素材しか表示されないので、その状態で削除すると他の素材も削除されてしまいます。
念の為に[フォルダー内の素材をすべて表示]を押して、すべて表示させて確認しましょう。



[6]移行へのヒント

CLIP STUDIO PAINTは将来に渡り、多様な媒体に合わせたマンガ原稿が描けるような多様性のあるツールを目指して作られているため、手順と情報量が増加しており、戸惑う方もいらっしゃると思います。
しかし、CLIP STUDIO PAINT のトーンの仕組みを観察していくと、ComicStudioと同じような感覚で使える仕組みになっている事に気づきます。
ちょっとした気づきにより「ブレイクスルー」するはずですので、自分なりの方法を見つけてみてください。
≪  テキストツールオプションの違…  |  トーンについて  |  レイヤーについて  ≫

作者プロフィール:ねぐら☆なお  (サイトURL:http://nnaosaloon.com

1984年、大学在学中に白夜書房他に持ち込みデビュー。 以降約30年に渡り複数の出版社でマンガ執筆。 1990年頃から本格的にCGに取り組み、現在は漫画系・美術系の複数の専門学校でデジタル関係の講義を担当している。

このコンテンツを評価してください

コメント
コメントはありません
人気のタグ

アシスタント背景美塾 画像データの読み込み ベクターレイヤー イラスト マンガ イラスト・マンガ 中級者 初心者 メイキング CLIPSTUDIO_PAINT デコレーション 仕上げ 機能解説!トラの巻 画像素材 ブラシ オリジナル素材の作成 ペン ペン入れ カマキリマイ PRO 色調補正レイヤー エアブラシ 直線 閉領域フィル テクスチャ 色塗り 下塗り スキャン アナログ併用 EX ラフ パース定規 CLIP_STUDIO 3Dデータの読み込み 3D素材 3D 下描き ベジェ曲線 3次ベジェ 2次ベジェ つちもちしんじ 自動選択 グラデーション 背景 筆圧 OpenToonz 影指定 色トレス線 実線 アニメ アナログ ガウスぼかし ゴミ取り 塗りつぶし マーカー 画用紙 トレース台 囲って塗る 色混ぜ トーンレイヤー 背景メイキング 下描きレイヤー 平行線定規 同心円定規 定規レイヤー なーこ 投げなわ選択 厚塗り トーンカーブ コントラスト 動画 Palmie ソフトライト オーバーレイ 乗算 設定 コピー本 同人誌 制作の流れ 保存・書き出し 折れ線選択 レイヤー操作 装飾 4コマ漫画 4コマ 芳村拓哉 LINEスタンプ オカヤマ テキスト 図形 ラスターレイヤー ベクター線つなぎ ベクター線単純化 制御点 アニメーションスタンプ ショートカット 起動・終了 書き出し レイヤーマスク