提供者 : セルシス    更新日 : 2015/06/30   
閲覧数 : 30518回 総合評価 : 3件

次に、舌を作成します。

(1)新しいオブジェクトを作成し、同様に鏡面設定します。

 

側面視点(F1)から[面の生成]で、舌の形を作ります。口腔を作るときと同じように、側面から舌の形を作成します。

[面の生成]ツールで最初の面を作成、[面張り]でさらに2つ面を増やします。

 

面を3つ作成したら、[移動]ツールで頂点を移動、横からの形を整えます。

 

(2)面を作成したら、今度は厚みをつけるために[押出]機能を使います。舌の面を全て選択してから、コマンドパネルの[押出]を選び、(視点を少し斜めに傾けた状態で)選択中の面をドラッグします。これだけで、舌に厚みが生まれます。

 

(3)あとは[移動]ツールで頂点を動かして形を整え、舌の幅を作成します。

 

詳細は動画をご覧ください。

 

(4)ついでに、もうひとつ材質を作り(先ほど作成した口の中の材質を[複製]するのが手っ取り早いです)、[材質設定]で基本色を少し明るい赤(舌の色)に調整して、[選択部処理]メニュー→[面に現在の材質を指定]で今の舌オブジェクトに割り振ります。

 

コメント
コメントはありません